スパイト行動とは?例をあげて解説

スポンサーリンク
お役立ち情報
スポンサーリンク

スパイト行動って知っていますか?

2020年頃から徐々に使われ始めた言葉でスパイト行動とは「いじわるすること」という意味です。

なぜこの言葉が日本で使われているのか、そして日本人はスパイト行動をとってしまう人が多いと言われているのかを解説していきます。

スポンサーリンク

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

スパイト行動とは?

スパイト行動のスパイトは英語で「spite」といい、いじわるをすることという意味があります。

自分が不幸であれば相手も不幸するような行動をとったり、自分が損をしても相手にいい思いや得をさせないようにする行動のことを指します。

スパイト行動について書かれている本はこちら↓

\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピング

スパイト行動!日本人の例

日本人はスパイト行動をとってしまう人が多いと言われています。

目上の人などから「私の時代は〇〇で大変だったからあなたも○○すべき」などと過去の苦労話を元に説教された人も多いのではないでしょうか?

自分も我慢したからあなたも我慢するべきという考え方はスパイト行動の一つと言えるでしょう。

また都会では聞きなれない言葉ですが田舎には「村八分」という言葉があります。

共同労働や決定事項に違反した家や人が、村全体から交際を絶たれてしまうことですが村八分もスパイト行動の一つですね。

日本人がスパイト行動をとってしまう理由

日本人は昔から同調圧力が強い民族です。

第二次世界大戦のドラマ等でも「欲しがりません勝つまでは」という言葉がドラマ内でよく使われていて知っている人も多いと思います。

第二次世界大戦中に贅沢をすると罰せられてきた過去があります。

現在は多様性が尊重されている学校も増えましたが、30代以降の年代は学生時代から厳しい校則があり、周りと同じことをすることが当たり前だと教育されていた時代です。

周りと違うことをすると怒られたり、仲間外れにされる時でしたので特に30代以降の年代がスパイト行動をとってしまう人が多い傾向にあるようです。

スパイト行動まとめ

スパイト行動について解説しました。

スパイト行動のスパイトは英語で「spite」といい、いじわるをすることという意味があります。

自分も我慢したからあなたも我慢するべきという考え方はスパイト行動の一つと言えるでしょう。

日本人は昔から同調圧力が強い民族です。

そのためスパイト行動をとってしまう日本人が多いと言われています。

コメント