たい焼きの天然と養殖の違いは?どっちがおいしい?!

スポンサーリンク
お役立ち情報
スポンサーリンク

たい焼きに天然ものと養殖ものがあるって知っていましたか?

たい焼きの天然ものと養殖ものの違いは、1尾づつ焼くのか複数の尾数で焼くかの違いです。

天然のたい焼き=1尾づつ焼く

養殖のたい焼き=複数の尾数で焼く

本文では、たい焼きの天然と養殖の違いやどっちがおいしいのかを紹介しますね。

スポンサーリンク

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

たい焼きの天然と養殖の違いは?

たい焼きの天然と養殖の違いは

天然のたい焼き=1尾づつ焼く

養殖のたい焼き=複数の尾数で焼く

天然のたい焼き

一つ一つ焼かれるが天然のたい焼きになります。

天然のたい焼きは1尾づつ焼くため、時間がかかります。そのため天然のたい焼きを出しているお店は年々少なくなっています。

東京の三大たい焼き御三家は「柳屋」「たいやき わかば」「浪花家総本店」です。

東京で食べれる天然たい焼きの店舗はこちら→天然たい焼きの店舗一覧(東京)

養殖のたい焼き

たい焼き ガス式 2連 引出し無(5匹焼き×2)【BWF-2】

養殖のたい焼きは上記のような機械で焼いたものを指します。

たい焼きの天然と養殖はどっちがおいしい?

たい焼きの天然と養殖がどっちがおいしいのかは好みの問題になります。

天然のたい焼きの場合、生地が薄く、皮がパリッとしているのが特徴です。

養殖のたい焼きは生地が天然に比べて分厚いです。

天然と養殖とだけ聞くと天然のたい焼きが美味しそうにも聞こえますが、養殖のたい焼きが劣っているわけではありません。

またたい焼き職人の間では天然とは言わず、一丁焼きと言われることが多いです。

たい焼きの天然と養殖の違いまとめ

たい焼きの天然と養殖の違いについて紹介しました。

たい焼きの天然と養殖の違いは

天然のたい焼き=1尾づつ焼く

養殖のたい焼き=複数の尾数で焼く

たい焼きの天然と養殖がどっちがおいしいのかは好みの問題になります。

天然のたい焼きの場合、生地が薄く、皮がパリッとしているのが特徴です。

養殖のたい焼きは生地が天然に比べて分厚いです。

天然と養殖とだけ聞くと天然のたい焼きが美味しそうにも聞こえますが、養殖のたい焼きが劣っているわけではありません。

ぜひ、参考にしてみてください。

コメント