サライ歌詞の意味!サライの空ってどんな空?24時間テレビ

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク

24時間テレビの最後に全員で歌う谷村新司さん作詞の「サライ」

エンディングを見ると夏の終わりを感じさせますよね。

誰もが一度は聞いたことがある曲ではないでしょうか?

サライの歌詞にはどんな意味が込められているのか?サライの空とはどんな空なのか?気になりますよね。

本文では

  • サライの歌の意味
  • サライの空はどんな空なのか?
  • サライを最後に歌う理由

について紹介していきます。

24時間テレビのチャリティーTシャツは楽天市場等でも取り扱いがあります▽

スポンサーリンク

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

サライ歌詞の意味!

サライはペルシャ語で直訳すると「家・宿」という意味です。

サライの歌詞には、夢を叶えるためにふるさとを旅立つ主人公の様子が書かれています。

ふるさとへの寂しさもあるが、夢への憧れもある主人公の様子

旅立つ汽車のなかでふるさとの空をみて涙が溢れそうになる主人公の様子

都会にででてきて、失恋して寝れない主人公の様子

夢を追うなら強くならなくちゃと自分を奮い立たせる主人公の様子

慌ただしい日々の中でもふるさとを思い出して、夢にむかって頑張る主人公の様子

どんな時でもどんなに離れていても故郷を思い出して頑張る主人公。

そしてその主人公をどんな時でも応援してくれる家族や友人がいるから頑張れるというそんな歌詞ですね。

サライの空ってどんな空?

サライの空は「故郷の空」という意味で歌のサライでは使われています。

日本語ではなく、ペルシャ語を使っていて耳にも残る歌詞ですよね。

なぜ最後にサライを歌う?

サライを最後に歌う理由はサライが24時間テレビで誕生した曲だからです。

1992年第15回 24時間テレビで24時間テレビで全国から寄せられたメッセージを元に谷村新司さんが作詞し、加山雄三さんが作曲をしました。

既に30年以上歌い続けられている名曲です。

現在はサライは24時間テレビの時にしか基本的には聞こえてこない曲ですが、それでも日本国民の多くが知っている名曲になりました。

サライ歌詞の意味まとめ

サライ歌詞の意味やサライの空について紹介しました。

どんな時でもどんなに離れていても故郷を思い出して頑張る主人公。

そしてその主人公をどんな時でも応援してくれる家族や友人がいるから頑張れるというそんな歌詞。

サライの空は「故郷の空」という意味で歌のサライでは使われています。

サライを最後に歌う理由はサライが24時間テレビで誕生した曲だからです。

1992年の第15回目の24時間テレビで全国から寄せられたメッセージを元に谷村新司さんが作詞し、加山雄三さんが作曲をしました。

ぜひ参考にしてください。

コメント