お役立ち情報

焼かずに日焼け【スプレータンニング】って何?メリットやデメリットなども!

身体を焼かずに日焼けをすることができる【スプレータンニング】を知っていますか?日焼けサロンなどもありますが、なかなか1回では綺麗に焼くことができないため綺麗に焼けるまで日焼けサロンに通わなければなりません。

また1回焼いてしますと、元通りの色に戻すまでに時間がかかっちゃいますよね。夏の間だけ綺麗な小麦色の肌を手に入れたい人に【スプレータンニング】はとってもおすすめです。

 

こちらの記事では、焼かずに日焼け【スプレータンニング】についでご紹介します。

合わせて読みたい

 



焼かずに日焼け【スプレータンニング】って何?

【スプレータンニング】とは、専用リキッド(DHA)を身体に吹き付けると角質層のアミノ酸に反応し、角質が茶色く染まり、日焼けをしたような小麦肌になるという施術です。日焼けサロンのように本当に日焼けをするわけではなく、身体の性質を使って肌を小麦肌にする仕組みです。

 

シミやそばかす、焼き過ぎて皮がむけて汚くなる心配もありません。またスプレータンニングの持続率は、1週間から10日間ほどなので夏休みや夏休暇などに気軽に行うことができます。



焼かずに日焼け【スプレータンニング】メリット

スプレータンニングのメリット

①肌を傷つけない(シミ・そばかすの心配なし)

②日焼けしても赤くなるだけの人も小麦肌になる

③約10日間ほどで元の肌に戻るため、仕事にも支障がでにくい

スプレータンニングの最大のメリットは【肌を傷つけない】です。本来日焼けは肌が火傷の状態になるため、将来的にシミやそばかすなどの肌荒れを起こしてしまう可能性がありますが、スプレータンニングでは、シミやそばかすなどの心配がなく、日焼けした肌になれます。



焼かずに日焼け【スプレータンニング】デメリット

スプレータンニングのデメリット

①当日はお風呂に入れない(色ムラなどを防ぐため)

②短期間で元の肌に戻る

スプレータンニングの最大のデメリットは、持続力がないため約10日間ほどで元の肌に戻ることです。長期間日焼けした肌でいたい人には向きません。



まとめ

身体を焼かずに日焼けをすることができる【スプレータンニング】についてご紹介しました。【スプレータンニング】とは、専用リキッド(DHA)を身体に吹き付けると角質層のアミノ酸に反応し、角質が茶色く染まり、日焼けをしたような小麦肌になるという施術です。

 

【スプレータンニング】のメリットは、①肌を傷つけない(シミ・そばかすの心配なし)②日焼けしても赤くなるだけの人も小麦肌になる③約10日間ほどで元の肌に戻るため、仕事にも支障がでにくい。などがあります。

 

【スプレータンニング】のデメリットは、①当日はお風呂に入れない(色ムラなどを防ぐため)②短期間で元の肌に戻るなどがあります。

 

ぜひ参考にしてみてください。



 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です