増税【10%】いつから?食品はどうなる?車やタバコなども!

お役立ち情報

2019年10月から消費税が8%から10%増税しますね。たった2%ですが生活に影響を及ぼすことには間違いありませんよね。

こちらの記事では、10%に増税するのはいつからなのか?食品や車、タバコの増税についてもご紹介します。



増税【10%】はいつから?

消費税8%から10%に増税するのは、2019年10月1日(火)からです。消費税は平成元年(1989年)から始まったのを知っていますか?平成元年の消費税は3%でした。その後平成9年(1997年)に5%にあがり、平成26年(2014)に8%に上がり世間騒がせました。

 

そして令和元年(2019年)に10%に上がりますので約30年ほどで7%もの消費税が増税しています。消費税の増税により家庭だけではなく小売店や飲食店にも影響を及ぼすことから今後の政治にも注目しなければなりませんね。

 



増税【10%】食品

引用:https://www.intage.co.jp/gallery/keigenzeiritsu/

今回消費税が10%に引き上げられますが、全てが10%になるわけではありません。特に食品は増税の対象外のため家庭には大きなダメージはないと言われています。しかし、みりんや料理酒などの料理には欠かせない調味料は値上げされてしまいます。また水道水も増税の対象になりますので10月以降からは水道代が上がったと感じると思われます。

 

外食の場合は全て増税対象になります。持ち帰りの場合は消費税8%、店内で食べる場合は消費税10%と考えてもらえればいいと思います。フルーツ狩りで人気のいちご狩りなども園内で食べることから増税の対象になってしまいますね。

マクドナルドの場合

ファストフードで人気のマクドナルドはテイクアウトと店内で食べる場合でも価格は変えないことを発表していますのでマクドナルドの場合、増税を気にする必要はないです。

コンビニのイートインの場合

コンビニのイートインは外食になるのか?と気になりますよね。コンビニのイートインは休憩所という扱いになるため増税の対象になりません。

 

コンビニのイートインが増税対象になったらイートイン利用の有無を確認しなければならないため従業員にも負担になってしまいますので増税対象外になってよかったです。

 



増税【10%】車

人生で大きな買い物の一つ、車。新車を買うと軽自動車でも100万以上になります。新車の場合は納車までに時間がかかることから増税日が確定した日から新車を購入する人が増えています。車欲しかったけど新車の納車が間に合わない!という方は、中古車もおすすめです。中古車は在庫切れがないため余程のことがない限りすぐに手に入れることができます。

 

しかし、車は大きな買い物になります。増税分の差額は約2~4万と言われています。大きな買い物になるため増税に惑わされずに買い物をすることをおすすめします。

 



増税【10%】タバコ

東京オリンピックの影響で禁煙化が進み、喫煙者の方は肩身の狭い思いをしている人も多いのではないでしょうか。今回の増税でもタバコは増税対象内になります。

増税の影響でタバコは一箱だいたい10円の値上がりになります。加熱式タバコも同様10円の値上がりになります。また格安タバコと言われているわかばやエコーは90円値上がりしてしまいます。

 

増税を機に身体とお財布のために禁煙を始めてみるのもいいかもしれないですね。

 



まとめ

2019年10月1日からスタートする消費税10%についてご紹介しました。食品は全てが増税対象になるわけではありませんが、みりんや料理酒は増税対象になりますので消費税が10%です。また外食の場合は増税対象です。

 

車も増税の対象になります。新車は納車に時間がかかるため中古車もおすすめです。

タバコは増税の影響でだいたい10円の増税になります。加熱式タバコも同様10%の値上げです。増税を機に身体とお財布のために禁煙を始めてみるのもいいのかもしれませんね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 



コメント