お役立ち情報

東京オリンピックのボランティアって辞退できる?準備期間や倍率なども!

2020年は全国民が注目する東京オリンピック。生きている間に日本で開催されるオリンピックはもうない可能性が高いということで、東京オリンピックのボランティアに申し込む方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、急な予定や仕事などで行けなくなった場合や好きな種目のボランティアになれなかったため辞退したいという方もいるのかもしれません。ちなみに役割や会場の発表は2020年の3月頃になります。

 

こちらの記事では、東京オリンピックのボランティアの辞退はできるのか?東京オリンピックの期間、東京オリンピックのボランティアの倍率などをご紹介します。

 



【東京オリンピック】期間(準備期間含む)

東京オリンピックの期間は2020年7月25日~8月9日東京パラリンピックは2020年8月25日~9月6日までになります。

 

東京オリンピックのボランティアの抽選に当選した方は2019年10月頃から共通研修を1回は受けなければなりません。

 

その後2020年3月に役割や会場の発表があり、2020年4月から準備期間として役割研修や会場研修などが行われます。

 



【東京オリンピック】ボランティアの倍率

東京オリンピックのボランティアの募集数は8万人対して21万人もの応募がありました。東京オリンピックのボランティアの倍率は2.6倍です。それほど高くはないのは、ボランティア条件が厳しすぎることや社会人が長期間仕事を休めるのかわからないためです。

 

2020年3月には役割や会場の発表がありますのでそこでまた辞退者が増える可能性があります。もしかしたら東京オリンピックのボランティアの追加募集があるかもしれませんね。

 



【東京オリンピック】ボランティアを辞退はできる

東京オリンピックのボランティアは辞退することができます。辞退の方法は運営側に申し出るだけで辞退することができますが、詳しい手続きの情報はまだ開示されていませんのでわかり次第追記します。

 



 

まとめ

東京オリンピックのボランティアの辞退はできるのか?東京オリンピックの期間、東京オリンピックのボランティアの倍率などをご紹介しました。

東京オリンピックの期間は2020年7月25日~8月9日東京パラリンピックは2020年8月25日~9月6日までになります。2020年3月に役割や会場の発表があり、2020年4月から準備期間として役割研修や会場研修などが行われます。

 

東京オリンピックのボランティアの募集数は8万人対して21万人もの応募がありました。東京オリンピックのボランティアの倍率は2.6倍です。

 

東京オリンピックのボランティアは辞退することができます。辞退の方法は運営側に申し出るだけで辞退することができますが、詳しい手続きの情報はまだ開示されていませんのでわかり次第追記します。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です