熱中症(子供)の症状とは?子供は翌日も注意!おすすめの対策グッズなども!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年も暑い夏がやってきました。今年の夏は猛暑になると言われています。お子さんがいるご家庭では、気をつけていても心配ですよね。

 

この記事では、子どもの熱中症の症状や、発熱、嘔吐、けいれんなどの対処法を紹介しています。

 



スポンサーリンク

子供の熱中症の症状とは?

熱中症の初期症状はまずめまいふらつきなどがあります。熱中症の主な症状は、めまい、失神、頭痛、嘔吐、体温が高い、発汗異常、発汗不足などです。

 



子供の熱中症は翌日も注意が必要!

子供の熱中症は翌日も注意が必要です。すぐ症状出る場合もあれば、翌日以降に症状がでる場合もあります。

発熱等が収まっていても、倦怠感や吐き気などの症状が残っている場合があります。熱中症の症状が出た翌日はできるだけ涼しい場所で安静にしましょう。

 



発熱、嘔吐、けいれんなどの対処方法

発熱、嘔吐、けいれんなどの対処方法をご紹介します。

基本的な対処方法

まず意識がはっきりしているかどうかを確認してください。ふらつきなどの症状や頭痛や倦怠感の有無など子供が話せる状態の場合はしっかり聞きましょう。

 

発熱の対処方法

発熱の対処方法はとにかく身体を冷やすことが重要です。首や脇の下、股関節などの関節に保冷剤をタオルなどで巻いて冷やしましょう。

脱水の危険もあるのでこまめな水分補給と塩分補給をしてください。

 

嘔吐の対処方法

嘔吐などの症状がある場合は、自力で水分を飲むことが難しいため、医師の診察を受けるようにしてください。

 

 

けいれんの対処方法

けいれんの対処方法としては、まず涼しい場所に移動し、水分補給と塩分補給をしましょう。アクエリアスなどのスポーツドリンクなどがおすすめです。

 



子供の熱中症対策グッズ

子供の熱中症対策グッズをご紹介します。

 

ヘルメットインナー

 

帽子の中に入れるヘルメットインナーです。水に濡らすだけでひんやりするので簡単に使用することができます。

 

冷感タオル

濡らして絞って振るだけで冷感-5℃になるタオル。冷感タオルと水があればいつでもどこでも簡単に使用できます。

 

冷却スカーフ

水に濡らして絞るだけの冷却スカーフ。走り回る子供などにもおすすめです。

 

まとめ

子供の熱中症の症状や対策、グッズなどをご紹介しました。今年も暑くなる夏。熱中症になる前に対策をとりましょう。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 



コメント