僕等がいた(映画)前後編を無料動画配信!dTVとTSUTAYAどっちが安い?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

売上1000万部超えの大人気少女コミックを、生田斗真 × 吉高由里子という豪華キャストで実写映画した『僕等がいた』前篇と後篇の2部作になっており、おうち時間でじっくり見たい作品です。

 

今回は映画『僕等がいた』について、ご自宅で無料視聴する方法もあわせて、詳しくご紹介します。

 

漫画アプリなどで原作を読んで映画が少し気になっている方、生田斗真ファンや吉高由里子ファンで映画は必ずおさえておきたいという方、必見です。



スポンサーリンク

僕等がいた(映画)を無料で視聴する方法

引用:dTV

映画『僕等がいた』を無料で視聴できる方法をお教えします。無料キャンペーンなどをチェックして、気になる映画をお得に見ちゃいましょう。

 

映画『僕等がいた』を無料で視聴できるVOD

dTV

TSUTAYA TV

TSUTAYA DISCAS

 

この3つのサービスご存じでしたか?きっと聞いたことがある方もいるはず。本来はどれも有料サービスですが、初回利用なら無料キャンペーンの対象です。無料期間内で解約をすれば料金はかかりません!

 



dTVとTSUTAYAどっちがいい?

dTVとTSUTAYAどちらがいいのでしょうか。それぞれの特徴を比較してみましょう。

 

dTVTSUTAYA TVTSUTAYA DISCAS
月額550円(税込)1,026円(税込)

新作・準新作を除く

2,052円(税込)

新作・準新作は月8本まで

2,659円(税込)
視聴方法配信配信宅配
タイトル数120,000本10,000本490,000本
ジャンル・洋画

・邦画

・アニメ

・海外ドラマ

・国内ドラマ

・韓流、華流

・ガールズch

・キッズ

・教養

・バラエティ

・シアター

・dTVオリジナル

・音楽

・ショートショート

・レンタル

・FOXチャンネル

・洋画

・邦画

・アニメ

・海外TVドラマ

・アジアTVドラマ

・スポーツ

・HOWTO

・お笑い

・グラビアアイドル

・アダルト

・洋画

・邦画

・アニメ

・海外TVドラマ

・アジアTVドラマ

・スポーツ

・HOWTO

・お笑い

・グラビアアイドル

・アダルト

キャンペーン・初回31日間無料

・「Disney+」とのW加入で最大3ヶ月毎月dポイント500ptプレゼント

・TSUTAYA TV と TSUTAYA DISCASまとめて初回30日間無料

・無料期間使える1,100円分のポイントプレゼント

 

初回利用ではどちらも無料で視聴できます。ですから、無料期間のうちに他にも見たい作品があるかどうかもチェックするのがいいかもしれませんね。

 

また、無料トライアル期間終了後も継続利用を検討している方は、いろんな観点から判断してほしいです。例えばこのような感じで判断してみるのもありですね。

 

 dTVがおすすめの方 

 

 ・シンプルに月額が安い方がいい

 ・普段からドコモやdポイントを利用している方

 ・Disney+も試してみたい方

 

TSUTAYAがおすすめの方

 

 ・dTVでは見れないジャンルが気になる方

 ・普段からTSUTAYAやTポイントを利用している方

 ・(TSUTAYA DISCASの場合)配信ではなく、現物の宅配を希望している方

 

\今なら31日間無料トライアル実施中/

TSUTAYA TV

 

では、dTVやTSUTAYAのサービスで見ることができる『僕等がいた』はどんな映画なんでしょうか。映画の詳細をチェックしていきましょう。

 

僕等がいた(映画)キャストとあらすじ

僕等がいた(映画)キャストとあらすじを紹介します!

キャスト

・高橋 七美(たかはし ななみ) :吉高 由里子

・矢野 元晴(やの もとはる)  :生田 斗真

・竹内 匡史(たけうち まさふみ):高岡 蒼佑

・山本 有里(やまもと ゆり)  :本仮屋 ユイカ

・山本 奈々(やまもと なな)  :小松 彩夏     他

 

 

あらすじ 

主人公の高橋七美は勉強が少し苦手だけど、天真爛漫な女の子。春から高校に進学し、友達もつくって、新しい学校生活をスタートさせていた。

 

そんな中出会ったのは、矢野元晴。勉強もできて、顔も性格も良く、学校の中でも有名な人気者であった。

自分のテストの点数を見られたこともあり、周りの女子を虜にする矢野のことが七美は少し苦手に思っていた。

 

ただ、人気者であるはずの矢野のどこか寂しそうな一面が気になり、七美は思わず「悩みがあったら聞くよ」と声をかける。

 

矢野は笑顔でその言葉を受け流すが、実は大切な恋人を交通事故で亡くし深い悲しみを負っていた。それを知った七美は、矢野と過ごしていく中で矢野への想いに気付いていく。

 

そして矢野が抱えている過去もすべて受け止めて矢野のことが好きだと思いをぶつけたのであった。「過去になんて負けない今、つくろう。」と。

 

矢野もまっすぐにぶつかってくる七美に心惹かれ始めていた。しかし、亡くなった元カノの妹でクラスメイトの有里も矢野に想いを寄せていたのであった。

 

僕等がいた〈 前篇 〉結末【ネタバレあり】

有里は姉のことを引き合いに出して矢野に近付こうとする。また、七美に好意を示す竹内の存在もあり、四角関係に。

様々な困難を乗り越えて、矢野と七美は改めて自分の気持ちに気付き、ついに2人は結ばれる。

 

 

想いが通じ合ったのも束の間、矢野の母親の東京行きの話が出たことで、矢野の転校が決まる。矢野と七美は東京の大学での再会を誓う。

 

矢野が旅立つ日、七美は駅まで見送りに。矢野の名前を叫びながら電車を追いかける七美をよそに、電車は走り去っていくのであった。

 

僕等がいた〈 後篇 〉結末【ネタバレあり】

引用:dTV

 

 

6年の年月を経て、七美は大学進学のために上京する。矢野と引き続き連絡を取っていたが、ある日を境に音信不通となってしまう。

 

失意の中で、東京での生活、そして就職活動に立ち向かう七美。そんな七美をそばで応援し続けたのは、同じく東京に出てきた竹内であった。

 

矢野と連絡が取れなくなって悲しむ七美に、竹内はある事実を打ち明ける。それは、転校してからの矢野のことだった。

 

矢野は新しい学校でも周囲と上手くやっていたが、末期ガンを患った母親のためにバイトに明け暮れる生活になり、成績も落ちていった。

 

それを見かねた父親が息子である矢野を引き取りたいと矢野の母親に申し出る。父親は母親と離婚してから、新しい相手とすでに再婚していた。

 

しかし、矢野の母親は夫の次は息子を奪われると感じ、追い詰められていく。母親の世話に疲れた矢野が七美に会きたいと北海道に出かけようとしたことをきっかけに母親は自殺してしまう。

 

矢野は東京から地元の北海道へ戻り、有里と再会する。病気の母親の介護で苦しんでいる有里の境遇を知り、自分と似たような境遇の彼女を支えたいと思った矢野は有里と一緒に暮らすことを決めたのであった。

 

矢野の事情を知った七美は矢野と再会する。2人は約束の東京デートをして、久しぶりに2人の時間を過ごす。そして、静かに涙をこらえて別れるのであった。

 

一方、竹内は七美にもう一度想いを伝えようと指輪を用意していた。竹内は意を決して七美にプロポーズするも、七美はその想いに応えることができなかった。

 

さらに月日が経ち、七美は私用で北海道に帰省する。そして通っていた高校が廃校になることを知り、高校に立ち寄ることに。

 

学校の屋上で思い出をふり返っていたとき、屋上の扉が開いた。そこにいたのはなんと矢野だった。

 

そして2人は感動的な再会を果たすのであった。



まとめ

映画『僕等がいた』、とても気になっちゃいますよね。

[box04 title=”ここにタイトルを入力”]

・映画『僕等がいた』が見れるのは、dTV、TSUTAYA TV、TSUTAYA DISCAS。

・配信で見るなら、dTV、TSUTAYA TV。

・レンタルで見るなら、TSUTAYA DISCAS。

・初回キャンペーンがあるから無料で見れる。

・映画『僕等がいた』の登場人物、あらすじ、ネタバレを紹介。

[/box04]

 

配信やレンタルのサービス、キャンペーンを上手に使って、映画『僕等がいた』をぜひ見てみてくださいね。



コメント