ペイペイ(PayPay)ボーナス運用って何?コツやポイントの貯め方を徹底解説!

スポンサーリンク
Payサービス
スポンサーリンク

皆さんは「PayPay」を使ったことがありますか。使ったことがなくても、ほとんどの人が名前を聞いたことがあるでしょう。

 

キャッシュレス決済の方法の1つで、スマートフォンに表示されるバーコードだけで簡単にお買い物ができる、とても便利なサービスです。

 

便利にお買い物できるだけでなく、ポイント還元率が高いのも大きな魅力。ポイントを有効活用するために知っておいてほしいのが「ペイペイボーナス運用」。

 

ただ「運用」と聞くと、少し怖いな…と身構えてしまう方もいるのではないでしょうか。

 

この記事では、

・「ペイペイボーナス運用」とは
・運用のコツ
・運用のポイントの貯め方
・運用の辞め方

といったペイペイボーナス運用を始めるために役立つ情報をお伝えします。

 

この記事を読めば、初めての方でも安心してペイペイボーナス運用にチャレンジできるはず。
ぜひ最後までご覧ください!

 

スポンサーリンク

ペイペイボーナス運用って何?

「ペイペイボーナス運用」とは、ペイペイボーナスを使って運用できるサービスです。ペイペイボーナスとはペイペイで決済をしたときに還元されるポイントのことです。

 

PayPay証券株式会社が提供しているサービスで、誰でも簡単に、「疑似投資体験」をすることができます。

 

投資種別ポイント投資
投資先米国株式

◇チャレンジコース

銘柄:DIREXION S&P 500 3X(SPXL)

◇スタンダードコース

銘柄:SPDR S&P500 ETF

最小投資金額1円
手数料手数料無料

 

 

ペイペイボーナス運用のメリット

「ペイペイボーナス運用」のメリット3つをお伝えします。

 

今すぐ始められる

手順を見てお分かりかと思いますが、すぐ始められるのが1つ目のメリットです。

 

運用を始めるとなると、基本的には銀行口座や証券口座の開設が必要になりますが、  「ペイペイボーナス運用」は面倒な口座開設が必要ありません。

 

スマートフォンのアプリ上ですぐに始められるのです。

 

1円からできる

1円単位で運用ができることです。証券会社の運用では、少額でも100円や1,000円、10,000円単位での運用が基本です。

 

1円単位から始められる手軽さは他の運用サービスにはなかなかない魅力です。

いつでも出し入れ自由

いつでも出し入れが自由にできるということです。始めたいときに運用を開始して、やめたいときにもすぐ元に戻して決済に使える状態にできるのです。

 

株式や投資信託といった通常の運用では、現金化するまでに日数を要しますが、ペイペイボーナス運用は非常にスピーディーにやめることが可能です。

 

ペイペイボーナス運用のやり方

「ペイペイボーナス運用」に少し興味を持ち始めた方もいるのではないでしょうか。

すぐ始められるのが魅力ということですが、実際にどのようなやり方でスタートできるのかをご紹します。

 

引用:PayPayボーナスを運用する – PayPay

① ホーム画面の[ボーナス運用]を選択

② サービス内容を確認し[続ける]を選択

③ 利用規約を確認の上、[同意する]を選択

④ [ボーナス運用をはじめる]を選択

引用:PayPayボーナスを運用する – PayPay

⑤ 運用コースを2つから選び[ボーナスを追加する]を選択

⑥ ボーナス運用額を入力し[追加する]を選択

⑦ 運用額を確認し[追加する]を選択

⑧ 運用額の追加後、[運用状況に戻る]から運用状況の確認や運用額の追加が可能

 

 

「ペイペイボーナス運用」の選べる2コース

お任せで運用できる「ペイペイボーナス運用」ですが、コースを2つから選ぶことができます。

短期運用向け『チャレンジコース』

銘柄:DIREXION S&P 500 3X(SPXL)

アメリカを代表する複数企業の株価に連動し、3倍上下するコース。10%上がればあなたのボーナスは30%プラスに。その分、下がる時も大きいですが短期運用に向いています。

 

「少額で運用のイメージを知りたい方」、「運用の動きを楽しみたい方」はチャレンジコースがおすすめです。

 

長期運用向け『スタンダードコース』

銘柄:SPDR S&P500 ETF

アメリカを代表する複数企業に分散して運用するコース。そのため大きな変動は少なく、長期運用に向いています。長くコツコツ運用するのが失敗しないための運用の基本。

「まとまったポイントで運用する方」はスタンダードコースだと安心です。

 

ペイペイのボーナス運用のコツ

なんとなくイメージがわいてきたのではないでしょうか。次に、「ペイペイボーナス運用」のコツをご紹介します。

 

チャレンジコースを選ぶ

コース選択で「チャレンジコースを選ぶこと」です。2つのコースを簡単に言い換えるならば、

スタンダードコースローリスクローリターン

チャレンジコースハイリスクハイリターン

 

「チャレンジコース」の方がポイントの動きが激しい分、増加にも期待できるのです。ただデメリットは、大きく減ってしまう可能性があること

 

「スタンダードコース」は徐々にポイントが上がっていきます。スタンダードコースのデメリットはでポイントが下がってしまった場合、元に戻るまでに時間がかかってしまうことです。

 

コース選択で迷ったら…

コース選択で迷ったら、PayPayのアプリのコース診断がおすすめです。簡単な質問に答えるだけであなたに合ったコースを教えてくれるますよ。

ぜひそちらも参考にしてみてください。

 

長く置いておく

長く放置することもコツの1つです。投資の基本に「長期投資」という言葉があります。小さな変化に一喜一憂して影響される投資家より、長く辛抱強く見守れる投資家の方が、お任せ型の投資には向いています。

 

それは「ペイペイボーナス運用」でも同じこと。数ポイント下がったから、数日間連続で下がったから、というだけですぐやめてしまうのは投資のやり方として非常にもったいないのです。

 

「ペイペイボーナス運用」では、2つのコースどちらも米国株式に投資しています。ちゃんと決まった指標、つまり社会情勢に影響されてポイントは動いています。

 

理由があって下がったのであれば、長く持っていれば上がるときはやって来ます。辛抱強さが投資の基本です。

 

普段の買い物をPayPayに移行する

普段の買い物をPayPayに移行し、「定期的にボーナスポイントを稼ぐこと」も大切です。

 

投資の資金稼ぎのためにわざわざ買い物をするのはよくありませんが、普段現金でしている買い物や決済でできる限りPayPayを使うように心掛けるようにしてください。

 

投資の中でも「つみたて投資」が良いと聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれせん。その理由は「ドルコスト平均法」という考え方がもとになっています。

 

簡単に言えば、最初にまとまった資金を投資するより、定期的に元手を足してあげた方が実績が出やすいというデータに基づいた考え方です。

 

定期的に買い物でボーナスポイントを稼ぎ、それを「ペイペイボーナス運用」に追加していくことでよりよい投資につなげることができるのです。

 

自動追加設定を使う

「ボーナスポイントの自動追加設定機能を活用すること」です。前の項目「定期的にボーナスポイントを稼ぐこと」でお伝えしたことを実践するためのコツです。

 

PayPayでは新しく、獲得したボーナスの使い方をあらかじめ設定できる機能が追加されました。選択肢は「支払いに使う」「ボーナス運用に自動追加」「貯める」の3つです。

 

「ボーナス運用に自動追加」に設定しておくだけで、使ってしまうこともなく運用に回すことができるのです。使える機能はしっかり使って、良い運用ができるようにしていきましょう。

 

運用のポイントの貯め方

コツがおさえられたのなら、あとはもう貯めるだけ。他のアプリやサービスを活用すると、さらに元手を稼ぐことができます。

・ Yahoo!JAPANカード

・ QuickPoint

・ Moppy

・ マイナポイント     など

 

最近流行りのポイ活では、それぞれのアプリやサービスで貯めたポイントをペイペイボーナスに交換することができます。新しいアプリやサービスがどんどん出てきていますので、自分に合ったものを探してみてくださいね。

 

 

ボーナス運用のやめる方法

貯めたポイントも、いざというときに使わなければ意味がありません。ボーナス運用をやめるときはどのような手順が必要なのでしょうか。

引用:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

① 引き出すコースを選択し、[ボーナスを引き出す]を選択

② 引き出し金額を入力、もしくは[全額引き出す(交換)]を選択

③ 引き出し金額を確認し、[引き出す(交換)]をタップ

 

 

まとめ

この記事では「ペイペイボーナス運用」についてご紹介しました。

まとめると、

・「ペイペイボーナス運用」とはペイペイの還元ポイントで投資体験ができるサービス

・ペイペイボーナス運用のメリットは
「今すぐ始められる」「1円からできる」「いつでも出し入れ自由」

・ペイペイボーナス運用を始める手順

・運用の方法を『チャレンジコース』と『スタンダードコース』の2つから選べる

・ペイペイボーナス運用のコツは
「チャレンジコースを選ぶこと」
「長く置いておくこと」
「普段の買い物をPayPayに移行すること」
「自動追加設定を使うこと」

・他のアプリやサービスを活用すると、さらに元手を稼ぐことができる

・ペイペイボーナス運用をやめる手順

 

をお伝えしました。

まだペイペイボーナス運用の経験がない方も、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

コメント