楢崎智亜は彼女と結婚?父兄弟などの実家情報も!

スポンサーリンク
オリンピック
スポンサーリンク

フリークライマーの楢崎智亜(ならさきともあ)選手。2020東京オリンピックでの新競技「スポーツクライミング」の日本代表選手に内定しており、初代金メダリストを目指す注目の選手です。

 

 

この記事では、

・楢崎智亜は彼女誰?結婚してる?
・楢崎智亜の父は歯科医師?
・楢崎智亜の兄弟は?
・楢崎智亜のプロフィールと経歴

 

について紹介していきます。

スポンサーリンク

楢崎智亜は彼女誰?結婚してる?

楢崎智亜選手は現在独身です。交際相手についても公表されていません。同じくフリークライマーで、東京オリンピックにも内定している美人アスリート「野口啓代(のぐちあきよ)」さんという女性が交際相手ではないか?と言われていたこともあったようですが、単なる噂に過ぎないようです。

 

楢崎智亜選手もスポーツ選手としての実力に加え、ルックスもかっこいい方なので、きっとモテていることでしょう。

 

整ったお顔立ちに加え、鍛え上げられた筋肉。まるでモデルのようです!

楢崎智亜の父は医師?

楢崎智亜選手のお父さんは、内科医師で開業医をされています。

大学に進学せずにプロクライマーになることは、イコール、家族の敷いたレールから外れることでもある。楢崎の父は内科を開業している。

引用元:https://the-ans.jp/course/104116/

お父さんが開業医をされており、他の兄弟は医師になるつもりがなかったことから、楢崎智亜選手は高校を卒業してプロクライマーになるか、父の病院の跡継ぎとなるべく医学部受験をするか悩んだそうです。

悩んだ末にプロクライマーの道を選びました。当時、高卒でプロクライマーとして活躍している選手はおらず、お父さんからは「2年間で結果が出なければクライミングは辞めて、大学受験をするように」と言われていたそうです。

 

しかし、プロ転向2年目の2016年、ワールドカップで2勝と世界選手権優勝を見事に果たしました。今ではオリンピックに内定するほどの選手になっているのですからまさに有言実行ですね。

 

楢崎智亜・父の病院

楢崎智亜選手の父の病院はどこなのでしょうか?

五郎台ファミリークリニック

2021年現在茨城県にある五郎台ファミリークリニックの理事長を務められています。

 

あいクリニック

同じく茨城県の「あいクリニック」というクリニックの院長としても、「楢崎克雄」さんのお名前が出ています。

楢崎智亜さんのインスタグラムからも、お父さんが鹿嶋市で働いていることがわかります。お母さんについては、残念ながら情報がありませんでした。
 

 

楢崎智亜の兄弟は?

楢崎智亜選手には兄と弟がおり、三人兄弟です。智亜選手は次男ということになりますね。

長男:楢崎智明(ならさき ともあき)

次男:楢崎智亜(ならさき ともあ)

三男:楢崎明智(ならさき めいち)

 

兄・智明さんはもともとクライマーでも医師でもない別な道を志し、大学に通っていたそうですが、楢崎智亜選手がプロクライマーとして世界を目指して奮闘している姿に触発されて大学を中退し、医師になる勉強を始めたそうです。一般の方なので、現在何をされているかの情報はありませんが、医学生または医師になっているのかもしれません。

 

弟さんは楢崎智亜選手と同じくプロクライマーの楢崎明智(めいち)選手です。智亜選手より3歳年下です。

明智選手とのツーショットです。兄弟であり、かつ良きライバルであることが伝わってきますね!

楢崎智亜のプロフィールと経歴

名前:楢崎 智亜(ならさき ともあ)
生年月日:1996年6月22日
年齢:25歳(2021年7月現在)
出身地:栃木県 宇都宮市
最終学歴:栃木県立宇都宮北高等学校
身長:170cm
体重:60kg

 

楢崎智亜選手は小さいころは器械体操をされていたそうです。運動神経がよく、大会等でも優秀な成績をおさめていたそうですが、10歳のころに突然体操の演技をすることが怖くなり、器械体操は辞めてしまったのだそうです。その後、クライミングに出会い、クライミングでも優秀な成績を残します。

 

 

その後も日本のエースとして活躍を続け、東京オリンピック代表選手にも内定しています。

【まとめ】

・楢崎智亜は独身で彼女の情報もなし!野口啓代との交際もあくまで噂!
・楢崎智亜の父は内科開業医!
・楢崎智亜には兄と弟がいる!弟は同じフリークライマーの楢崎明智!
・楢崎智亜は宇都宮市出身の26歳!

 

スポーツクライミングは、今回の東京オリンピックから追加種目として採用された競技です。日本人が自国開催のオリンピックで、スポーツクライミングの初代金メダリストに輝くとなれば、とても名誉なことですよね。ぜひ応援したいですね!

コメント