出張撮影Lovegraph(ラブグラフ)とfotowa(フォトワ)の違いは?料金や延期制度などの情報を詳しく解説!

行事・イベント

今話題の出張撮影サービス。いろんな会社があり、どこがいいのか迷いますよね。せっかく頼むなら自分たちにあったサービスで撮りたい!そんな人たちのために出張撮影ラブグラフとフォトワの違いを徹底解説します。

ラブグラフもフォトワもそんな変わりがないように見えて違いはちゃんとあるんですよ。こちらの記事ではラブグラフとフォトワの違いを徹底解説していきますね!

ぜひ参考にしてみてください!

家族写真のラブグラフ。気に入らなかったら全額返金。

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

ラブグラフとフォトワの違いは?

 フォトワラブグラフ
料金平日:21,780円

 

土日祝:26,180円

ライトプラン:10,780円

 

スタンダードプラン:26,180円

一年寄り添いプラン:76,780円

データ枚数75枚以上75枚以上(全データ)

 

ライトプランは10枚

カメラマン指定ありあり
カメラマン在籍数1,000名以上300名以上
撮影時間1時間ライトプラン:1時間

 

スタンダードプラン:1~2時間

キャンセル料無料:72時間前まで

 

50%:24時間以上72時間以内

100%:24時間以内

無料:3日前

 

50%:2日前・前日

100%:当日

延期制度取り決めなし無料:3日前

 

3,000円:2日前・前日

5,000円:当日

悪天候の場合キャンセル無料(条件あり)キャンセル無料(条件あり)
返金保証制度ありあり
ウェディング前撮りのみあり前撮り、結婚式二次会プランあり
衣装・小物貸し出しなしプラン・オプションあり
グッズフォトブックのみカレンダー

 

フォトブック

フォトフレーム

ポストカード

ウェルカムボード

キャンパスプリント

イラスト

ラブグラフとフォトワの違いは6つあります。

  1. ラブグラフは平日土日料金が一緒
  2. フォトワは平日料金があり、安い
  3. ラブグラフには衣装、小物の貸し出しがある
  4. ラブグラフはグッズの種類が豊富
  5. フォトワにはカメラマンが1000名以上在籍
  6. ラブグラフには延長制度がある

ラブグラフは平日土日変わらず、同じ料金ですがフォトワには平日料金と土日祝料金の2パターンあります。

ラブグラフには延長制度があり子どもの体調不良など予測できない事態にも格安で対応してもらえます。

またラブグラフにがお宮参り、七五三、ウェディングドレスなの衣装貸し出しがあるので衣装を持っていない方にもおすすめです。

フォトワは1000名以上のカメラマン登録があるため、ラブグラフに比べ予約がとりやすいです。

ラブグラフはグッズの種類も豊富なのでついでに記念品等をつくることができます。じいじばあばへのプレゼントにも最適です。

ラブグラフはこんな人におすすめ!

  • 安く撮影をしたい!(ライトプラン)
  • 子どもの当日の体調が不安だから延長制度がほしい!
  • 結婚式の二次会で利用したい!
  • フォトフレームやカレンダーなどのグッズも買いたい!
  • 衣装をレンタルしたい!
  • 海外でも撮影したい!

とにかく安く撮影したい方にはラブグラフのライトプランがおすすめです。

またラブグラフには延期制度があるため、子どもの急な体調不良などにも対応してもらうことができます。

ラブグラフは出張撮影サービスでは珍しい「衣装・小物のレンタル」をすることができます。

出張撮影をしたいけど、七五三の着物ないし…って方にもおすすめです。ニューボーンフォトなどはレンタルせずともカメラマンが小物等をもってきてくれますよ。

ラブグラフではグッズも豊富に対応しています。カレンダーやキャンパスプリント、ポストカードなどさまざまなグッズを作成することができます。

ラブグラフでは、海外での撮影もお願いすることができます。ハネムーンで人気のハワイ・グアムからパリ、ロンドンなど人気の海外旅行先が対象地域です。友達との卒業旅行やハネムーンにも利用できていいですよね!

家族写真のラブグラフ。気に入らなかったら全額返金。

フォトワはこんな人におすすめ!

  • カメラマン登録数が多いため、選択肢が増える!
  • 平日に撮影したい!
  • 法人向け(商用)の出張撮影をしたい!
  • 大手会社で撮影したい!(フォトワはピクスタ株式会社のサービス)

フォトワには1000名以上のカメラマンが登録しています。ラブグラフは300名なので3倍以上のカメラマンがいるため選択肢がかなり増えます。

フォトワとラブグラフは基本的に料金は変わりませんが、平日だとフォトワが安いです。

平日に出張撮影をお願いした場合は、土日祝よりも4,400円安くなります。平日に撮影したい方はフォトワがおすすめです。

フォトワでは法人向けの商用写真を撮ることもできます。

求人や商品、イメージ写真、料理、建築などさまざまなビジネスシーンで利用することができます。専門スタッフの無料撮影コンサルやカメラマンの提案、事前打ち合わせなども行うことができ、安心してお願いすることができます。

フォトワはピクスタ株式会社が運営する出張撮影サービスです。大手なので安心感がありますよ。

七五三の出張写真撮影なら fotowa(フォトワ)

出張撮影のメリット・デメリット

出張撮影のメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット

  • 好きな場所で撮影ができる。
  • 自然体な写真を撮ることができる。
  • カメラマンを選ぶことができる
  • 融通を聞いてくれることも。
  • 好きな時間で撮影ができる。
  • 待ち時間がない。
  • 安く抑えられる。
  • たくさんの人と写真を撮ることができる。(人数規定あり)
  • 自宅での撮影ができる。
  • 旅行先でも利用できる。

出張撮影のメリットはなんと言っても好きな場所で撮影できること!

家族での旅行先にきてもらったり、ハネムーン、子ども行事(お宮参り・七五三等)をプロのカメラマンにとってもらうことができます。

スタジオは緊張して泣き出してしまう子やぐずってしまう子も多いですが出張撮影なら自然体の子どもの写真を撮ってもらうことができますよ。

スタジオまでいけない家族や新生児(ニューボーンフォト)なども出張撮影なら自宅で撮影してもらうことができます。外に連れていけないおじいちゃんおばあちゃんとの思い出にもおすすめですよ。

出張撮影はスタジオ撮影(写真館)よりも格安で撮影してもらうことができます。

スタジオ撮影で人気なスタジオアリスがありますが撮影料は3000円と破格の値段ですが、撮影データは商品を買ったものしかもらえないため、総合的に見ると高くなります。

デメリット

  • 衣装の貸し出しがないところが多い。
  • ヘアメイクや着付けは自分でしなければならない。
  • 撮影許可をとる必要がある。

出張撮影のデメリットは衣装の貸し出しが基本的にない場合が多いです。ただ、ラブグラフでは七五三やニューボーンフォト、前撮り(結婚式)などで衣装やグッズの貸し出しオプションがあります。

ヘアメイクや着付けは自分で行うしかありません。もし自分で行うのが難しい場合はホットペッパー ビューティーで美容室を探しお願いすることもできますよ。

テーマパーク(ディズニーやUSJなど)や公共の場では撮影許可を撮る必要があります。基本的に依頼主が許可を撮る会社が多いです。

まとめ

出張撮影Lovegraph(ラブグラフ)とfotowa(フォトワ)の違いについて詳しく説明しました!

出張撮影のメリット

  • 好きな場所で撮影ができる。
  • 自然体な写真を撮ることができる。
  • カメラマンを選ぶことができる
  • 融通を聞いてくれることも。
  • 好きな時間で撮影ができる。
  • 待ち時間がない。
  • 安く抑えられる。
  • たくさんの人と写真を撮ることができる。(人数規定あり)
  • 自宅での撮影ができる。
  • 旅行先でも利用できる。

出張撮影のデメリット

  • 衣装の貸し出しがないところが多い。
  • ヘアメイクや着付けは自分でしなければならない。
  • 撮影許可をとる必要がある。

ラブグラフとフォトワの違い

  1. プランが3つあり、最安値10,780円で利用しやすい。
  2. ラブグラフには延期制度がある。
  3. ラブグラフには衣装、小物の貸し出しがある。
  4. ラブグラフはグッズの種類が豊富
  5. フォトワには平日料金があり、平日は4,400円安い。

ラブグラフもフォトワもあまりサービス内容に違いはありません。ただフォトワには平日料金があるため安く済ませたい方にとてもおすすめです。

いかがでしたか?ぜひ出張撮影サービスを利用し、素敵な思い出の写真を撮ってみてくださいね。

家族写真のラブグラフ。気に入らなかったら全額返金。

コメント