出産・子育て

モンテッソーリ教育って何?デメリット・メリットを徹底調査!

将棋で有名な藤井聡太さんも受けたモンテッソーリ教育をご存知でしょうか?日本では少しずつメディアに取り上げられてきていますが、海外に比べるとまだまだ普及していません。

 

モンテッソーリ教育は海外で広く普及しており、マイクロソフト創始者ビル・ゲイツ元米国大統領オバマFacebook創始者マークザッカーバーグなど、世界中の成功者が受けてきた教育で注目を集めています。

 

この記事では、モンテッソーリ教育とは何か?ここでは、デメリットメリットをご紹介します。

 

 



モンテッソーリ教育って何?

モンテッソーリ教育とは、子どもの能力を最大限に引き出す環境や教具を用いて、生涯学習の姿勢を持ち、自立した個人を育てる教育、つまり自己啓発のことです。発達段階だけでなく、興味のあることに合わせた教具を体験し、試してみることで、「美」の感覚「危うさ」の感覚を養っていきます。

 

 



モンテッソーリ教育のデメリット

モンテッソーリ教育のデメリットをご紹介します。

日本の公立小学校の教育と合わない

モンテッソーリ教育のデメリットは日本の公立小学校の教育と合わないことです。日本の公立小学校は時間割や給食の時間、掃除の時間等が決まっている管理型の教育方法です。

 

しかし、モンテッソーリ教育は本人の気が済むまで止めないのが基本です。幼い頃から受けてきたモンテッソーリ教育と日本の公立小学校の教育には相反があるため、ストレスに感じる子どももいるのが現状です。

 

 

 

コミュニケーション能力が育たない

モンテッソーリ教育のデメリットはコミュニケーション能力が育たないことです。モンテッソーリ教育の基本は自己選択と集中です。

 

そのため、モンテッソーリのお仕事(遊び)だけでは寄り添いながらコミュニケーション能力を養うのは難しいです。

 

それが気になる方は、外遊びの時間が取れる保育園を選ぶと良いでしょう。

 

外遊びが少なく物足りない

モンテッソーリ教育は基本的に室内で行われるもが多いです。なので外遊びが好きな子どもは少し物足りない場合があります。

もっと運動したいという子どもには、体操教室や水泳教室に通わせることでモンテッソーリ教育に足りない部分を補える思います。

 

協調性が育たない?

モンテッソーリ教育では、子どもの自主性や興味を最大限に尊重するため、一般的な教育を行う小中学校に入学すると、他人と協調できないのではないかという批判がよくあります。

 

しかし、モンテッソーリ教育では、子どもたちが頻繁に交流し、年齢もまちまちなので、「先輩が教具を譲ってくれるのを見て学ぶ」など、協調性を育むシーンが多く見られます。

 



モンテッソーリ教育のメリット

モンテッソーリ教育のメリットをご紹介します。

個性を伸ばせる

モンテッソーリ教育のメリットは、個性を伸ばすことができることです。自発性を尊重した自由で個別の教育方法のため、子どもたちの個性を伸ばす効果があります。

 

 

自主性が育つ

モンテッソーリ教育のメリットは自主性が育つことです。モンテッソーリ教育はカリキュラムに縛られることなく、子どもの自主性を尊重する教育方法です。

 

大人が子どもに指示するのではなく、子どもは自分を成長させるために何かをしなければならないと本能的に感じ、「やってみたい」という気持ちや自主性で自発的にやることを選択できるため自主性が育つ効果があります。

 

集中力が身につく

モンテッソーリ教育のメリットは集中力が身につくことです。モンテッソーリ教育は、子どもたち一人ひとりの性質や個性を尊重した自由な教育方針です。子供が集中しているときに教育者は邪魔をしないため、子どもたちは一つのことに集中できるようになります。

 

反面、「人に合わせる」「足並みをそろえる」という意識が低くなりがちですが、この2つが、子どもの集中力を育む鍵となります。

他人の個性を認められる

モンテッソーリ教育のメリットは他人の個性を認められることです。モンテッソーリ教育は、子どもたち一人ひとりの性質や個性を尊重した自由な教育方針であるため、他人を思いやり、他人の個性も認められるようになります。

 

 

 



モンテッソーリ教育が向いてる子

机に向かっているイメージが強いため、おとなしい子がモンテッソリー教育に向いている子」と思われがちですが、性別に関係なく、どんな子でもモンテッソリー教育の恩恵を受けることができます。

 

基本的に、モンテッソーリ教育はどんな子供にも適しています。

 

 

モンテッソーリ教育に興味がある方やモンテッソーリ教育を試してみたい方はぜひ検討してみてくださいね!

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です