SP-2DM251とSP-2DP251の2つの違いを徹底比較!シロカの電気圧力鍋

家電

現在販売されているシロカの電気圧力鍋の中で今売れ筋の商品、SP-2DM251とSP-2DP251の違いを比較しました。

結論

P-2DM251とSP-2DP251の違いは本体の色のみでした。

ホワイトの電気圧力鍋がいい方はSP-2DM251▽

グレーの電気圧力鍋が言い方はSP-2DP251▽

ブラウンの電気圧力鍋がいい方はSP-2DM251▽

本記事では、本体のカラーバリエーションの違いと、共通する機能や特長について詳しくお伝えしていきます。

電気圧力鍋の購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

SP-2DM251とSP-2DP251の違いを比較

SP-2DM251とSP-2DP251の違いは色の違いのみです。

SP-2DM251はホワイトとダークブラウンの2色から選べます。

ホワイトはすっきりとしたシンプルな色合いで、どのインテリアにも合わせやすいです。

ダークブラウンは濃いめのチョコレート色です。

ホワイトの電気圧力鍋がいい方はSP-2DM251▽

ブラウンの電気圧力鍋がいい方はSP-2DM251▽

変わって、SP-2DP251はグレーの1色のみです。

白に近い色をしているので、SP-2DM251のホワイトと似ていますが、こちらは取っ手部分が黒いです。

ブラウンの電気圧力鍋がいい方はSP-2DM251▽

SP-2DM251とSP-2DP251はどちらがおすすめ?

SP-2DM251とSP-2DP251は色の違いのみで、性能や価格は同じです。

そのため、型式を選ぶ際には色で決めると良いでしょう。

白系の電気圧力鍋が良い場合はSP-2DM251のホワイトもしくはSP-2DP251のグレーの2択となります。

取っ手の色も明るくしたい場合はSP-2DM251のホワイト、黒い取っ手が良い場合はSP-2DP251のグレーを選びましょう。

茶系の電気圧力鍋が良い場合はSP-2DM251のダークブラウン1択です。

SP-2DM251とSP-2DP251の機能と特長

こちらでは、各型式の共通の機能・特長について解説します。

共通の機能・特長は大きく5つあります。

  • 簡単3ステップで圧力調理
  • 1台10役を担える豊富な調理方法と自動メニュー
  • 予約調理ができる
  • 安心設計
  • お手入れが簡単

簡単3ステップで圧力調理

1つ目は圧力調理が簡単にできることです。

3ステップとは以下のことを指します。

  1. 下ごしらえ
  2. 食材を入れる
  3. スイッチを押す

あとは待つだけでできたての料理を作ることができます。

待っている間は鍋の様子を見ることなく、放置していても料理ができます。

その浮いた時間で家事を進めることや、ちょっとした外出もできるので便利ですよね!

1台10役を担える豊富な調理方法と自動メニュー

2つ目は豊富な調理方法と自動メニューです。

こちらの電気圧力鍋は、1台で10通りの調理方法がおこなえます。

調理方法

圧力、無水、蒸し、炊飯、スロー、低温、炒め(下ごしらえ)、温度

その他温め直しや発酵もおこなえます。

煮込み料理はもちろんのこと、ローストビーフやラタトゥイユ、チーズケーキも作ることができます。

レシピの数は83種類もあります。

予約調理ができる

3つ目は予約調理ができる点です。

予約が開始されると食材の加熱が開始され、内部が75℃で保温されます。

この温度は菌が繁殖しにくい温度なので、長時間(最大12時間設定)予約をしても食材が傷むことはありません。

そして、設定時間から逆算して調理をするため、設定時間に完成したときは一番美味しい状態で食べられます。

安心設計

圧力調理時は、ふたを完全に閉めないとスタートできない設計となっています。

火傷や思わぬ事故を未然に防ぐ設計となっています。

お手入れが簡単

電気圧力鍋は洗うパーツが多かったり、ニオイの除去が大変だったりするイメージをお持ちの方もいると思います。

こちらの電気圧力鍋はふたやパッキンなどのパーツが簡単に取り外せる上に洗うパーツが少ない仕様になっています。

洗い物が少ないと助かりますよね!

最後にスペックをまとめました。

型式SP-2DM251SP-2DP251
サイズ幅240×奥行260×高さ270mm幅240×奥行260×高さ270mm
質量3.9kg3.9kg
消費電力700W700W
調理容量1.68L1.68L
満水容量2.4L2.4L
使用最高圧力95kPaゲージ圧95kPaゲージ圧
予約調理最大12時間最大12時間
コードの長さ1.2m1.2m
付属品・計量カップ
・蒸し台
・パッキン(予備)
・レシピブック
・取扱説明書(保証書)
・計量カップ
・蒸し台
・パッキン(予備)
・レシピブック
・取扱説明書(保証書)
カラー・ホワイト ・ダークブラウン・グレー

まとめ

本記事では、シロカの電気圧力鍋を紹介しました。最後にポイントをまとめます。

  1. 違いはカラーバリエーションのみ。機能や特長はどちらも同じ仕様。
  2. カラーバリエーションのみの違いなので、黒色の本体が良い場合はSP-2DM251一択。白系が良い場合は両型式から好きな方を選ぶのがおすすめ。
  3. 共通する機能・特長は5点。簡単かつ安全に調理が行えるような設計になっている。

冬の時期にあると便利な電気圧力鍋。

今回紹介した2つの電気圧力鍋は、安全に調理がおこなえて献立のバリエーションが多いという点が同じ仕様となっています。

ぜひチェックして、厳しい冬を乗り越えてください!

ホワイトの電気圧力鍋がいい方はSP-2DM251▽

グレーの電気圧力鍋が言い方はSP-2DP251▽

ブラウンの電気圧力鍋がいい方はSP-2DM251▽

コメント