CV-P120とCV-N120の違いは値段だけ?シャープ衣類乾燥除湿機比較

楽天
家電

これから梅雨になってくると、部屋の湿度が気になってくるもの。洗濯物も乾かしづらくなりますよね。

そんな時期に大活躍する家電が衣類乾燥除湿機です!

家電メーカー大手のシャープより、CV-P120とCV-N120という型式の衣類乾燥除湿機が発売されています。現在でも多くのユーザーが使用している商品です。

そんなCV-P120とCV-N120ですが、それぞれの違いについて気になる方もいらっしゃると思います。

この記事では、CV-P120とCV-N120の違いについて詳しく説明しています。

どちらの型式のものを購入するのか迷われている方も、こちらの記事を読めばその悩みが解消されます。ぜひ最後までご覧ください!

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

楽天季節バナー

CV-P120とCV-N120の違いは値段だけ?

CV-P120とCV-N120の違いは値段だけなのでしょうか?

結論としては、こちらの2つの型式はスペックが同等で、値段以外の違いはありません。

値段は2022年6月4日時点で、

  • CV-P120:50,000円~57,000円前後
  • CV-N120:28,000円~34,000円前後

であり、CV-N120がCV-P120のほぼ半額という価格帯となっています。

値段に違いがある理由は発売時期が異なるからで、CV-P120が2022年3月発売でCV-N120が2021年4月に発売されています。

新しい型式を使用したい場合はCV-P120

価格を安く抑えて購入したい場合はCV-N120

を選ぶと良いでしょう。

基本的に家電の市場は安い型式の商品から売れていくので、古いモデルは在庫が少なくなっていきます。さらに梅雨の時期になると需要が増えるので、更に在庫が少なくなることが考えられます。

購入しようと思ったら早めに購入した方がお得に手に入れることができるでしょう。

CV-P120とCV-N120の特長と機能

ここでは、CV-P120とCV-N120の特長・機能について解説します。

特長・機能としては大きく5つあります。

  • 「プラズマクラスター7000」で衣類・お部屋を清潔かつ快適に保てる
  • コンプレッサー方式を採用しており、除湿する力が強力で省エネにもつながっている
  • 上下左右広角にスイングして効率よく部屋干しできる
  • 「カビバリア運転」でお部屋のカビを未然に防ぐ
  • お手入れがラクで使いやすい

「プラズマクラスター7000」で衣類・お部屋を清潔かつ快適に

CV-P120とCV-P120は「プラズマクラスター7000」を搭載しています。

このプラズマクラスターの効果で、衣類を乾燥させながら部屋干しによるイヤな臭いを抑えることができ、かつカビ菌やピンクぬめりの原因となる菌も抑制することができます。

ですので、スーツやスラックスといった頻繁に洗えない衣類の消臭や、お部屋の除湿・除菌もできるので大変便利です!

コンプレッサー方式で除湿する力が強力&省エネ

コンプレッサー方式とは、室内の湿った空気を冷やし、結露させて除湿する仕組みです。

結露しやすい梅雨~夏の時期にかけて省エネ効果がさらに高まります。

1日の除湿能力は12ℓで、1時間当たりの電気代は約7.8円とかなり低コストです。

また、衣類乾燥時間は約2キロの洗濯物(約2人分の1日の洗濯物の量)で約100分です。

省エネだけでなく、洗濯物を乾かすスピードも早いので家事の時短や効率化にもつながりますね。

効率よく部屋干しできる

CV-P120とCV-N120は風の吹き出し口が上下左右広角にスイングするので、天井から床まで縦幅約190センチまで風を届けることができます。

仮に洗濯物を二段で干していた場合はムラなく乾かすことができますね。

「カビバリア運転」でお部屋のカビを未然に防ぐ

プラズマクラスターと、パワフルな風量が合わさることで、付着カビ菌が増えるのを抑えることができます。

CV-P120とCV-N120は、お部屋の湿度によって自動制御されます。

湿度が50%未満であれば空気浄化をおこない、お部屋にプラズマクラスターイオンを届け、カビ菌の増殖を防ぎ、60%を超えると再除湿をおこないます。

自分自身でモードを切り替えることなく自動でお部屋の環境を調整してくれるのは楽ですよね!

お手入れがラクで使いやすい

CV-P120とCV-N120は日々のお手入れが簡単に行えるような設計がされています。

排水タンクについてはハンドルがついていて持ち運びがしやすく、内部も凹凸が少ないため洗いやすく設計されています。

また、本体の背部にはホースをつなぐことができる箇所もあるので、お風呂場の排水溝に直接排水することが可能です!

毎日使ってお手入れするモノなので、お手入れの手間が省けると嬉しいですよね!

このように、CV-P120とCV-N120は多くの特長・機能が備わっています。

CV-P120とCV-N120の口コミ

隣の部屋で話す声が気になる女性の写真

こちらでは、CV-P120とCV-N120の口コミを紹介します。

良かった!という口コミ

・天候に関わらず、衣類をしっかり乾燥させられる除湿機です

・プラズマクラスターが発生するので、部屋干し特有のにおいをしっかり抑えてくれます

・水がたまるタンクがハンドル付きで取り出しも簡単。扱いやすいです

イマイチ。という口コミ

・サイズが、横:66.5センチ・縦35.9センチ・厚さ24.8センチと大きく、重量が15.5キロと重いので持ち運びには不便。設置する部屋を変える場合は苦労する

衣類の乾燥や排水タンクのお手入れについてなど、CV-P120とCV-N120の特長が使用者にとってしっかりとメリットとして感じられていました。

一方で本体のサイズが大きいことによるデメリットを感じる方もいるようです。

シャープ衣類乾燥除湿機比較まとめ

本記事ではCV-P120とCV-N120の違いについてお伝えしました。最後にポイントをまとめます。

1 CV-P120とCV-N120の違いは値段だけ。スペックは変わらないが、新しい型式が良い場合はCV-P120。価格が安いものが良い場合はCV-N120がおすすめ

2 CV-P120とCV-N120の特長は多彩。除湿やお部屋を快適にする機能だけでなく、日々のお手入れの手間を省けるような設計にもなっている

3 CV-P120とCV-N120の特長がしっかりと使用者にとってメリットに感じられている

これから夏を迎えるにあたり、梅雨の時期がやってきます。梅雨によって湿度が上がると、室内にいるのが不快に感じ、体調を崩しかねません。

そのためにも、事前の対策として除湿乾燥機はたいへん重宝するはずです!

また、CV-P120とCV-N120、スペックは変わらないので、なるべく価格を安く済ませて準備する方がお得なので、どちらを買うか迷っている方はCV-N120の購入をおすすめします!

安い価格の型式は品薄になりやすいので、早めに準備し、梅雨の時期を乗り越えてくださいね!

コメント