LinkBuds Sの口コミレビュー!音漏れはある?ソニーのワイヤレスイヤホン

楽天
家電

「サクッとハマれ、画面の向こうへ。ながら聴きも、ハマり聴きも、思うがまま。」がキャッチフレーズであるソニーのワイヤレスイヤホン「LinkBuds S」。

高性能のノイズキャンセリング機能自然な外音取り込みの機能が簡単に切り替えられる、注目度の高いワイヤレスイヤホンです。

そんなLinkBuds Sですが、購入するかどうか迷っている方も多くいらっしゃると思います。

本記事では、LinkBuds Sの口コミや特長等をまとめていますので、最後まで読むことで購入するかどうか判断することができます。

ぜひ最後までご覧ください!

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

楽天季節バナー

LinkBuds Sのいい口コミレビュー

親指を立てて「GJ」する女性講師の写真

まずはLinkBuds Sの好評価の口コミについて紹介します!

  • カナル式でノイズキャンセリング機能があるので外の雑音がほぼ遮断できる
  • 本体が小さい分、ケースも小さいのでかさばらない
  • 装着したときのつけ心地の軽さが良い
  • ノイズキャンセリング機能の操作が簡単

本体がコンパクトに設計されているため、つけ心地も軽い上にケースもかさばらないので、主に使用する外出時には助かる設計ですね!

また、カナル式のイヤホンでノイズキャンセリング機能も備わっているため、外の音をほぼ遮断できるという特長も好印象を持たれていました。

LinkBuds Sの悪い口コミレビュー

続いてLinkBuds Sの悪い口コミについて紹介します。

  • バッテリーの持ちが悪い
  • 機能を使うとすぐバッテリーが切れてしまう。
  • ワイヤレス充電に対応していない
  • マルチポイント(2台の端末に対して同時に接続できること)に対応していない

悪い口コミの中でも多かったのが、「バッテリーの持ちが悪い」というものでした。

LinkBuds Sは多くの機能が備わっているため、それらの機能を同時に使うと多くのバッテリーを消費してしまいます。

機能のなかでも「モーションセンサー」というものを使うとバッテリーの減りが早いようです。

なるべく長く使用したい場合は、機能を絞って使うなど工夫が必要ですね。

LinkBuds Sは音漏れする?

LinkBuds Sはイヤホン本体から音漏れはするのでしょうか?

口コミを調べてみると、

  • 通常のカナル式イヤホンと同等の音漏れ具合
  • 大音量でなければ問題ない

という意見がありました。

初代のLinkBudsは外音取込を最大の特徴にした反面「音漏れがする」というデメリットがありました。

LinkBuds Sでは「音漏れが気になる」といった声がないため、改善されているようですね。

LinkBuds Sの特長と機能

こちらでは、LinkBuds Sの特長と機能について解説します。

LinkBuds Sの特長は大きく5つあります。

  • 世界最小・最軽量設計
  • ソニーワイヤレスイヤホン史上最高の外音取込機能と高機能ノイキャンを両立
  • ソニーワイヤレスイヤホン史上最高の通話品質、センシング技術
  • 充実した基本性能と高い操作性
  • ハイレゾワイヤレスで高音質を楽しめる

世界最小・最軽量設計

1つ目の特長は最小・最軽量であることです。

小型設計なので耳に装着する際に、イヤホン本体が耳から飛び出す量が抑えられています。

そのため、イヤホンの重心が頭に近くなり安定した装着性が実現しています。

また、LinkBuds Sの重量は各約4.8グラムです。

これは100円玉1枚分の重さに相当しますので、とっても軽いですね!

ケースの重さも35グラムと、ピーマン1個分の重さなので持ち運びも楽です。

外音取込機能と高機能ノイキャンの両立

2つ目は外音取込機能と高機能ノイキャンの両立です。

音楽を聴きながら周囲の音も聞こえる「アンビエントサウンドモード」を搭載しています。

また、高性能ノイズキャンセリング機能も搭載しているので、音楽に没頭したいときは高性能ノイズキャンセリング機能を使うことで自分だけの世界に没入できます!

さらに、「アダプティブサウンドコントロール」という、外音取込機能とノイキャン機能を自動で切り替える機能も搭載しています。

通話品質、センシング技術

3つ目は通話品質、センシング技術の向上です。

ノイズリダクションシステムにより周囲のノイズが抑えられるので、通話時の自分の声が相手にクリアに聞こえます。

また、使用者の行動の変わり目を検知して、連携音楽サービス(Spotify・Endel)を自動再生する機能も備わっていますので、イヤホンを触らずとも音楽を継ぎ目なく聴くことが可能です。

充実した基本性能と高い操作性

4つ目は充実した基本性能と高い操作性です。

バッテリーの性能は、ノイキャン使用時は最長6時間持続し、ノイキャンOFFの場合は最長9時間持続します。

ケース充電を含めると、ノイキャン使用時は6時間プラス14時間、ノイキャンOFF時は9時間プラス21時間バッテリーが持続します。

さらに、5分充電すると60分再生が可能なので、ちょっとした外出時でも安心して使用できます。

また、防滴機能も備わっているので外出だけでなくスポーツ時でも使用することができます。

操作性に関しては、「装着検出機能」というものがあり、イヤホンを耳から外すだけで音楽を一時停止することができます。タッチセンサーも一時的に無効になるので誤作動も防げます。

再度耳に装着すれば自動で音楽が再生されます。

「マルチペアリング機能」も備わっており、8台までの機器とペアリング可能です。

ですので、スマホでもPCでもタブレットでも、よく使う機器とペアリングしておけば、2回目以降の接続がかんたんです!

ハイレゾワイヤレスで高音質を楽しめる

5つ目はハイレゾワイヤレスで高音質を楽しめることです。

DSEE Extemeを搭載しているので、さまざまな圧縮音源でもハイレゾ級の高音質を楽しむことができます。

このようにLinkBuds Sには多くの機能が備わっています。

なかでも外音取込機能と高機能ノイキャンが両立している点はLinkBuds Sの目玉と言える機能ですね!

LinkBuds Sまとめ

本記事では、LinkBuds Sの口コミや特長を紹介しました。最後にポイントをまとめます。

  1. LinkBuds Sは本体がコンパクトに設計されていることと、ノイズキャンセリング機能がユーザーから好評価を得ている
  1. LinkBuds Sはバッテリーの持ちが良くないことが悪い口コミにつながっていた。機能が多い分バッテリー消費が早くなってしまう印象である
  1. LinkBuds Sは音漏れについてほとんど気にならない。以前の型式に比べて改善されている
  1. LinkBuds Sには多くの機能が備わっている。なかでも外音取込機能と高機能ノイキャンが両立している点はLinkBuds Sの目玉と言える

音楽好きの方がお出かけする際に必須のアイテムとなるワイヤレスイヤホン。そのなかでもLinkBuds Sは音楽好きのための機能を凝縮したイヤホンとも言えますね!

LinkBuds Sを購入し使用することで、今までと一風変わった日常を過ごすことができるはずなのでおすすめです!

コメント