KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いを徹底比較!アイリスオーヤマ・シェフドラム

楽天
家電

現在販売されているアイリスオーヤマのシェフドラムの中で今売れ筋の商品、KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いを比較しました。

結論からお伝えすると、KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いは3点ありました。

  • 本体カラーの違い
  • 自動メニュー数の違い
  • 内釜の違い

料理のレパートリーが多く、手入れが簡単なものがいい方はKDAC-IA2-T▽

価格を抑えて最低限の調理ができれば良いという方はDAC-IA2-H▽

本記事では、KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いと、共通する機能や特長について詳しくお伝えしていきます。

シェフドラムの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

楽天季節バナー

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いを比較

アイリスオーヤマ・シェフドラムKDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いは3点あります。

  • 本体カラーの違い
  • 自動メニュー数の違い
  • 内釜の違い

本体カラーの違い

1つ目は本体カラーの違いです。

  • KDAC-IA2-Tはブラウン
  • DAC-IA2-Hはグレー

どちらも寒色系の色をしており、どんなキッチンにも合う色合いをしています。

KDAC-IA2-Tはブラウン


DAC-IA2-Hはグレー


自動メニュー数の違い


2つ目は自動メニュー数の違いです。

どちらの型式も、スープ料理・煮物料理・炒め、焼き料理・低温調理・茹で料理・揚げ料理・デザートと、調理方法が豊富です。

自動メニュー数

  • KDAC-IA2-Tは108種類
  • DAC-IA2-Hは90種類

KDAC-IA2-Tのほうが18種類多く料理できるメニューが多いですね。

どちらの型式も、購入した際は専用のレシピ本がついているので様々な料理にチャレンジすることができます。

内釜の違い


3つ目は内釜の違いです。

KDAC-IA2-Tはダイヤモンドコートが施されており、DAC-IA2-Hはフッ素コートが施されています。

ダイヤモンドコートは粒子状の人口ダイヤモンドを使用したコーティング方法で、食材がこびりつきにくく、汚れにくいのが利点です。

お手入れが簡単になるのは嬉しいですよね!

料理のレパートリーが多く、手入れが簡単なものがいい方はKDAC-IA2-T▽

価格を抑えて最低限の調理ができれば良いという方はDAC-IA2-H▽

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hはどちらがおすすめ?

どっちがおすすめ?

KDAC-IA2-Tがおすすめの方


  • 作れる料理のレパートリーが多いほうが良い方
  • 日々のお手入れを簡単に済ませたい方

このような方におすすめです。

先ほどの見出しでもお伝えしたように、KDAC-IA2-Tは自動メニュー数が多いため、様々な料理を作ることができます。

また、内釜はダイヤモンドコートが施されているため、食材がこびりつかずお手入れが簡単です。

DAC-IA2-Hがおすすめの方


  • 自動メニュー数にこだわりがなく最低限の調理ができれば良いという方
  • 内釜のコーティングにこだわりがない方

KDAC-IA2-Tに比べて自動メニュー数はやや劣りますが、調理方法は多彩です。

シェフドラムとしての最低限の機能を望まれる方はDAC-IA2-Hがおすすめです。

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの機能と特長

こちらでは、各型式の共通の機能・特長について解説します。

共通の機能・特長は大きく4つあります。

  • 鍋ごと回転するのでムラなく撹拌できる
  • 少量の油で経済的に調理
  • 予約調理が可能
  • 保温・再加熱機能搭載

鍋ごと回転するのでムラなく撹拌できる


1つ目は鍋ごと回転するのでムラなく撹拌できる点です。

アイリスオーヤマ製のシェフドラムは、内釜だけでなく鍋本体も自動回転するので、具材をムラなく撹拌・加熱することができます。

撹拌することで具材に味が染み込みやすく、より味わい深くなります。

少量の油で経済的に調理


2つ目は少量の油で経済的に調理できる点です。

シェフドラムは揚げ物料理もおこなえます。

揚げ物の調理で使う際は油が必要になりますが、撹拌しながら揚げるので、少量の油で足ります。

少量の油で済むので経済的ですね!

また、フタも付属しているので油はねの心配もありません。

予約調理が可能


3つ目は予約調理が可能な点です。

朝材料をセットして、帰宅後すぐに温かい料理を食べることが可能です。

完成した後も自動的に保温モードに切り替わるので、温め直す手間を省けます。

調理の手間を省けるだけでなく、食べたいときにすぐ食べられるのはありがたいですね。

保温・再加熱機能搭載


4点目は保温・再加熱機能が搭載されている点です。

調理した後も焦げ付きを気にすることなく保温や再加熱ができるので、食事の時間がバラバラな家庭でも、皆が温かい料理を食べることができます。

保温は最大9時間までできます。

料理のレパートリーが多く、手入れが簡単なものがいい方はKDAC-IA2-T▽

価格を抑えて最低限の調理ができれば良いという方はDAC-IA2-H▽

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hスペック比較

型式KDAC-IA2-TDAC-IA2-H
サイズ幅370×奥行279×高さ343mm幅370×奥行279×高さ343mm
質量約7.2kg約7.2kg
定格消費電力900W900W
電源コード長さ約2.0m約2.0m
設定温度40~200℃40~200℃
釜のコーティングダイヤモンドコートフッ素コート
自動調理メニュー数108種90種
カラーブラウングレー

料理のレパートリーが多く、手入れが簡単なものがいい方はKDAC-IA2-T▽

価格を抑えて最低限の調理ができれば良いという方はDAC-IA2-H▽

KDAC-IA2-TとDAC-IA2-H違いを比較まとめ

本記事では、アイリスオーヤマ シェフドラムを紹介しました。

結論からお伝えすると、KDAC-IA2-TとDAC-IA2-Hの違いは3点ありました。

  • 本体カラーの違い
  • 自動メニュー数の違い
  • 内釜の違い

料理のレパートリーが多く、手入れが簡単なものがいい方はKDAC-IA2-T▽

価格を抑えて最低限の調理ができれば良いという方はDAC-IA2-H▽

共通の機能・特長は大きく4つあります。

  • 鍋ごと回転するのでムラなく撹拌できる
  • 少量の油で経済的に調理
  • 予約調理が可能
  • 保温・再加熱機能搭載

今回紹介した2つのシェフドラムは、日々のお手入れも簡単で、幅広いメニュー数が魅力な型式です。

食材を入れるだけで美味しくて熱々の料理が食べられますので、ぜひ試してみてください!

コメント