SC-A221とSC-A211の違いを比較!手入れしやすいのはどっち?シロカ全自動コーヒーメーカー

調理家電

全自動コーヒーメーカーで人気のシロカの全自動コーヒーメーカーSC-A221とSC-A211の違いや特徴を比較しました。

SC-A221とSC-A211は、新ブレードを搭載したシロカの全自動コーヒーメーカーのベーシックモデルです。

結論から言うと、SC-A221とSC-A211の違いは3点でした。

  • カラーバリエーション
  • 抽出モード数
  • 価格

1杯分の量を正確に抽出して飲みたい方はSC-A221▽

大量のコーヒーを一度につくりたい方はSC-A211▽

本文では、SC-A221とSC-A211の違いを比較し、機能や特徴も詳しく解説していきます。

全自動コーヒーメーカーの購入を検討中のあなたの参考になれば嬉しいです♪

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

SC-A221とSC-A211の違いを比較!

SC-A221とSC-A211の違いは以下の3点です。

  • カラーバリエーション
  • 抽出モード数
  • 価格

カラーバリエーション


SC-A221のカラーは「ステンレスシルバー」「タングステンブラック」の2種類。

SC-A211は「ステンレスシルバー」の1種類のみです。 

ステンレスシルバーはシロカ製品ならではのカラーですが、タングステンブラックはオールブラックで、とてもスマートな見た目となっています。

2種類からカラーを選びたい方は、「ステンレスシルバー」と「タングステンブラック」のどちらかを選択できるSC-A221がオススメです。

抽出モード数

豆の抽出モード数は、SC-A221は4段階、SC-A211は2段階です。

SC-A221の抽出モード

  • モード1 1杯分
  • モード2 2杯分
  • モード3 3杯分
  • モード4 4杯分

4種類のモードごとにそれぞれの杯数分を正確に設定できます。

SC-A211の抽出モード

  • モード1 1〜2杯分
  • モード2 3〜4杯分

となっており、若干アバウトな設定です。

1杯ずつ飲むことが多い・コーヒーの杯数ごとに正確な量の豆を抽出したい!という方はSC-A221がオススメです。

また、家族みんなで飲むなど多くの量を一度につくることが多い方はSC-A211の機能でも快適に使用できるでしょう。

価格

SC-A221とSC-A211の価格差は大きく違いはありません。

現在の時点(2022年12月6日)では、SC-A221はAmazonで購入する方が安く、SC-A211は楽天の方が安く購入できます。

そのため、Amazonで、より安く購入したい方はSC-A221がオススメであり、楽天でより安く購入したい方はSC-A211がオススメとなっています。

最安値は下記をチェックしてください。

SC-A221の最安値


楽天市場の最安値

Amazonの最安値

Yahoo!ショッピングの最安値

SC-A211の最安値


楽天市場の最安値

Amazonの最安値

Yahoo!ショッピングの最安値

SC-A221とSC-A211どっちが手入れしやすい?

SC-A221とSC-A211のお手入れ方法はどちらも同じです。

2機種とも、使用後に洗うパーツをすべて取り外して丸洗いできるので、洗いやすく、清潔さも保てます。

ただ、SC-A221とSC-A211はどちらも給水タンク一体型の機種であるため、給水タンクだけは丸洗いができません。

汚れが気になった時には、クエン酸洗浄を行って清潔さを保ちます。

シロカのコーヒーメーカーのSC-Aシリーズの中で給水タンクを丸洗いできる機種は、タイマー機能が加わったハイエンド機種のSC-A371とSC-A351です。この2機種は取り外してすすぎ洗いが可能です。

しかし、そもそも給水タンクは毎回洗う必要がないパーツですので、汚れが気になる時に洗う人がほとんどだと思います。

そのため、給水タンクを取り外して丸洗いできなくても、気になった時にクエン酸洗浄を行えば、清潔さは十分に保てます。

クエン酸洗浄自体も、クエン酸水をいれて、スイッチを押すだけなのでお手入れ方法も難しくありません。

まとめると、SC-A221とSC-A211はどちらも同じお手入れ方法で、ほとんどのパーツを丸洗いできる機種です。

お手入れに関してはどちらの機種を選んでも簡単に清潔さを保てます♪

1杯分の量を正確に抽出して飲みたい方はSC-A221▽

大量のコーヒーを一度につくりたい方はSC-A211▽

SC-A221とSC-A211はどっちがおすすめ?

どっちがおすすめ?

SC-A221がオススメの方


  • 複数のカラーから選びたい
  • 1杯分の量を正確に抽出して飲みたい

SC-A221は抽出モード数を細かく設定できることが大きな特徴です。

1杯分、2杯分のコーヒーを正確に抽出したい方はSC-A221がオススメです。

SC-A211がオススメの方

  • シルバーのコーヒーメーカーが欲しい
  • マグカップにたっぷりいれたコーヒーを飲むのが好き
  • 家族みんなで飲むための大量のコーヒーを一度につくりたい

多めのコーヒーを頻繁につくる方にとっては、モード数が少なくシンプルに使えるSC-A211が合うでしょう。毎日同じ量をつくるため、使うモードを変更しないという方にもこちらの機種がオススメです。

SC-A221とSC-A211の機能と特徴

SC-A221とSC-A211の便利な機能と特徴をまとめました。

置き場所に困らないコンパクトサイズ


SC-A221とSC-A211の本体サイズは【幅17.3×奥行22×高さ27cm】で、とてもコンパクトです。

ミル付きの全自動コーヒーメーカーは大きいものが多いですが、SC-A221とSC-A211の機種は大きくスペースを取ることなく、挽きたてコーヒーを楽しめます。

置く場所を選ばないという点は、ごちゃつきがちなキッチン内ではとても助かりますね。

新ブレードを搭載したミル 


コーヒー豆の粒をより均一に挽く工夫が施されたミルの刃が搭載されています。粒が均一になったため、より深いコクを感じるコーヒーを味わえます。

また、この新しいブレードは従来のものより動作音が静かで豆の挽き時間が早いことも大きな特徴です。

ステンレスメッシュフィルター 


メッシュフィルターはペーパーフィルターに比べて目が粗いため、コーヒー豆のうまみを感じる油分を逃さず抽出することができます。

コーヒー豆のおいしさを余さず味わいたい方や、コクのある濃いコーヒーが好みの方にはぴったりのフィルターです。

1杯分の量を正確に抽出して飲みたい方はSC-A221▽

大量のコーヒーを一度につくりたい方はSC-A211▽

SC-A221とSC-A211スペック比較

1杯分の量を正確に抽出して飲みたい方はSC-A221▽

大量のコーヒーを一度につくりたい方はSC-A211▽

SC-A221とSC-A211の違いを比較まとめ

SC-A221とSC-A211の違いを比較しました。

  • SC-A221とSC-A211の違いは「カラーバリエーション」「抽出モード数」「価格」の3点
  • SC-A221とSC-A211のお手入れ方法はどちらも同じで、簡単にお手入れできる
  • SC-A221は「カラーを選びたい」「1杯ずつ正確に淹れたい」「Amazonでより安く購入したい」という方にオススメ
  • SC-A211は「シルバーのコーヒーメーカーがほしい」「たっぷりの量を一度につくりたい」「楽天でより安く購入したい」という方にオススメ
  • SC-A221とSC-A211の特徴は「コンパクトサイズ」「新ブレード搭載」「ステンレスメッシュフィルター」

SC-A221とSC-A211は非常にコンパクトで置き場所に困らない全自動コーヒーメーカーです。

キッチンに置く場所がなく、コーヒーメーカーの購入を諦めていた方にもオススメですので、この機会に、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

1杯分の量を正確に抽出して飲みたい方はSC-A221▽

大量のコーヒーを一度につくりたい方はSC-A211▽

コメント