ECAM22112とECAⅯ23120の違いを比較!どっちがおすすめ?デロンギ全自動コーヒーマシン

楽天
家電

全自動コーヒーマシンで人気の、デロンギ全自動コーヒーマシンのECAⅯ22112とECAⅯ23120の違いを比較しました。

ECAⅯ23120はECAⅯ22112の上位機種です。

結論から言うと、ECAⅯ22112とECAⅯ23120の主な違いは3点でした。

  • 抽出ボタンの数
  • 抽出量の調整可能数
  • スチームノズルフロス調整機能の有無

本文では、以上3点の違いを比較していきます。

初期設定で十分であまり設定登録する予定がない方はECAⅯ22112▽

カラーバリエーションはブラックとホワイトです。

>>>デロンギ全自動コーヒーマシンECAM22112のAの口コミや詳しい機能はこの記事でご紹介しています

3人以上で好みの味を分けて淹れたい、カプチーノやカフェラテのミルクも本格的に入れたい方はECAⅯ23120▽

カラーバリエーションはブラックとホワイトです。

では、本文ではECAⅯ22112とECAⅯ23120の主な違いを比較し、機能や特徴も詳しく解説していきます。全自動コーヒーマシンの購入を検討中のあなたの参考になれば嬉しいです!

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

楽天季節バナー

ECAⅯ22112とECAⅯ23120の違いを比較!

ECAⅯ22112とECAⅯ23120の違いは3点あります。

  • 抽出ボタンの数
  • 抽出量の調整可能数
  • スチームノズルフロス調整機能の有無
  • 価格
  • 重さ

ここでは、以上の項目の違いについて説明していきます。

抽出ボタンの数


抽出ボタンの数

ECAⅯ22112が4つ

ECAⅯ23120が5つ


ECAⅯ23120の方がボタン数が1つ多いですね。では、この抽出ボタンにはどのような違いがあるのか説明していきましょう。

ECAⅯ22112とECAⅯ23120の抽出ボタンの詳細については以下のとおりです。

ECAⅯ22112の抽出ボタンECAⅯ23120の抽出ボタン
①エスプレッソ 1杯分抽出①エスプレッソ 1杯分抽出
②エスプレッソ 2杯分抽出②エスプレッソ 2杯分抽出
③カフェ・ジャポーネ 1杯分抽出③エスプレッソ(多) 1杯分抽出
④カフェ・ジャポーネ 2杯分抽出④エスプレッソ(多) 2杯分抽出
⑤カフェ・ジャポーネ 1杯分抽出

ECAⅯ22112の抽出ボタンは、デフォルトのまま使うと、エスプレッソとカフェ・ジャポーネの2種類のコーヒーを、1杯抽出するか2杯抽出するかの違いとなります。

ECAⅯ23120の抽出ボタンについてですが、エスプレッソ、エスプレッソ(多)、カフェ・ジャポーネの3種類のコーヒーを1杯分抽出か2杯分抽出かという違いです。

この表を見て、ECAⅯ23120の③④は、エスプレッソの量が増えただけなのでは?と疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、エスプレッソ(多)のボタンで味わえるコーヒーについて説明します。

エスプレッソ(多)のボタンで味わえるコーヒー

コーヒーに詳しい方は「ルンゴ」というコーヒーを知っている方もいるかと思います。

デロンギの公式HPでも「カフェ・ルンゴ」として紹介されています。

「ルンゴ」は、エスプレッソに本来使用する湯の量の、2倍の量を使って抽出した飲み物です。

また、単にお湯の量が増えただけではなく、味にも大きな違いがあります。

カフェ・ルンゴはエスプレッソよりもコーヒー豆の味の濃さが薄まり、すっきりとした後味が楽しめます。

さらに、お湯による抽出時間が増えることでエスプレッソよりもより苦みを感じられるコーヒーとなっています。

このように、同じエスプレッソをベースに作られるコーヒーでも、味はかなり異なりますので、ECAⅯの③④のコーヒーはエスプレッソとは違う種類のコーヒーであるといえるのです。

まとめると、

・ECAⅯ22112は2種類のコーヒーごとに各コーヒーの杯数別のボタンが合計4つある

・ECAⅯ23120は2種類のコーヒーを杯数別に淹れるボタンが合わせて4つ、別のもう1種類のコーヒーが1杯分抽出されるボタンが1つ、の全部で5つある

ということです。

シンプルなコーヒーメニューのみで十分な方やカフェ・ジャポーネを2杯同時に抽出したいという方はECAⅯ22112がオススメです。

ちなみに、次に紹介する抽出量を調整すればECAⅯ22112でカフェ・ルンゴをつくれるのですが、調整するのがめんどう!そのまますぐに使いたい!という方はECAⅯ23120がオススメになります。

抽出量の調整可能数


デロンギの全自動コーヒーマシンECAⅯ22112とECAⅯ23120の抽出量調整の詳しい数値は以下のとおりです。

ECAⅯ22112ECAⅯ23120
エスプレッソ【初期値 30ml】
1杯:20ml~180ml2杯:40ml~360ml
【初期値 40ml】
1杯:20ml~180ml2杯:40ml~360ml
エスプレッソ(多)なし【初期値 120ml】
1杯:20ml~180ml2杯:40ml~360ml
カフェ・ジャポーネ1杯:120ml 変更不可2杯:240ml 変更不可【初期値 180ml】
1杯:120ml~250ml
※初期値は1杯分の量

ECAⅯ22112は、エスプレッソの量の調整は可能ですが、カフェ・ジャポーネは設定変更できません。

ECAⅯ23120は、エスプレッソ、カフェ・ジャポーネの量の調整のどちらも変更可能です。

ここで見てもらいたいのは、エスプレッソの抽出量の設定範囲がECAⅯ22112とECAⅯ23120のどちらも同じ量だということです。

つまり、抽出量を変更することで、ECAⅯ22112でもカフェ・ルンゴを淹れることが可能になります。

この機能を使えばECAⅯ22112は、変更可能な抽出ボタンが2つあるので、2種類の味の変化を楽しむことができます。

結論としては、設定量を変更することで、どちらの機種もカフェ・ルンゴを淹れることができ、さらにボタンの数分だけ、好みのコーヒーの味をつくれるということです。

1人、または2人分の設定ができれば十分、もしくは2種類分のコーヒーの味の設定ができれば十分という方はECAⅯ22112でも満足いくでしょう。

そして、3人以上で使用したい、細かく好みを調整して設定したい方はECAⅯ23120がオススメになります。

スチームノズルフロス調整機能の有無


スチームノズルフロス調整機能はECAⅯ23120のみについています。

この機能は、つまみによってフロスミルク(泡立てたミルク)とスチームミルク(蒸気で温めたホットミルク)とをつくり分けられる機能です。

ちなみに、ECAⅯ22112にもフロスミルクをつくる機能のみがあります。

公式では、このフロスミルクをつくったあとに、スプーンなどで泡を抑えながらスチームミルク部分を入れることで、スチームミルクづくりも可能だとありました。

しかし、スチームミルクをつくるために、フロスミルクをつくるのも少し手間に感じます。そのために泡を捨てることにもなるのでもったいないように思います。

スチームミルクはいわゆるホットミルクですので、レンチンでも代用可能です。

スチームミルクの出来にこだわりがない方はECAⅯ22112でも良いと思います。

しかし、カプチーノやカフェラテのミルクも本格的につくりたいという方はECAⅯ23120がオススメになります。

価格

デロンギの全自動コーヒーマシンECAⅯ22112はECAⅯ23120よりも少し安いです。

現在の最安値は下記のリンクを確認ください。

ECAⅯ22112の最安値


楽天市場の最安値はこちら

Amazonの最安値はこちら

Yahoo!ショッピングの最安値はこちら

ECAⅯ23120の最安値


楽天市場の最安値はこちら

Amazonの最安値はこちら

Yahoo!ショッピングの最安値はこちら

重さ

ECAⅯ22112は9.5kg

ECAⅯ23120は9.0kg

わずか0.5kgの違いですし、通常は設置したまま使用するので、こちらも比較して検討する必要はないでしょう。

ECAⅯ22112とECAⅯ23120はどっちがおすすめ?

どっちがおすすめなの?

ECAⅯ22112がオススメの方


  • 飲むものがエスプレッソまたは、カフェ・ルンゴ、カフェ・ジャポーネと決まっている
  • 好みの味の設定が2人分できれば十分
  • カフェ・ジャポーネの2人前を時間をかけずにつくりたい

以上のように、初期設定で十分、かつ、あまり設定登録する予定がない方はECAⅯ22112がおすすめです!

ECAⅯ23120がオススメの方


  • 3人以上で好みの味を分けて淹れたい
  • フロスミルクとスチームミルクを簡単に切り替えて使いたい
  • 好みの設定をいくつか登録しておきたい
  • カフェ・ジャポーネの量を調節したい

以上のように、好みの味や量にこだわりがあり、カフェ・ルンゴも楽しみたいという方、3人以上で設定登録したい方はECAⅯ23120がおすすめです!

ECAⅯ22112とECAⅯ23120の電気代

ECAⅯ22112とECAⅯ23120の消費電力は同じ1450Wであるため、電気代はどちらも同じです。

ECAⅯ22112とECAⅯ23120の1時間当たりの電気代は39.15円※となります。

※『全国家庭電気製品公正取引協議会』が電力料金目安として出しているのは1kWhあたり27円。これを以下の計算式に当てはめて計算を行います。

【消費電力(W)÷1,000×電気代単価(円/kWh)=1時間あたりの電気代(円)】

電気代に関してはどちらを選んでも同じなので、他の項目を比較しながら自分の好みに合う方をお選びください!

初期設定で十分であまり設定登録する予定がない方はECAⅯ22112▽

カラーバリエーションはブラックとホワイトです。

3人以上で好みの味を分けて淹れたい、カプチーノやカフェラテのミルクも本格的に入れたい方はECAⅯ23120▽

カラーバリエーションはブラックとホワイトです。

ECAⅯ22112とECAⅯ23120の機能と特徴

ECAⅯ22112とECAⅯ23120の機能と特徴について紹介します。

カフェ・ジャポーネ機能


エスプレッソのコクがありつつも、後味がすっきりとした日本限定の特別なレギュラーコーヒー。

ハンドドリップのように蒸らしながら抽出するので、香りがよく、凝縮されたうまみが感じられます。

低速回転コーン式グラインダー機能


低速で豆を挽くことで摩擦熱が発生しにくく、コーヒーのアロマ成分を逃さず抽出できる機能。

この機能のおかげで、香り立つ本格コーヒーが自宅で楽しめます。

簡単操作・簡単クリーニング機能

豆ホッパーの投入口の大きさ、前面についているスライド式の水タンクとカス入れなど、日頃のお手入れでも頻繁に触る部分は、ストレスなく使用できます。

また、自動洗浄機能がついているおかげで、電源のオンオフのたびに洗浄されるため、汚れがこびりつかず、ほとんどのお手入れが水洗いで済みます。

ECAⅯ22112とECAⅯ23120のスペック比較

(型番)ECAⅯ22112ECAⅯ23120
豆ホッパー量250g250g
給水タンク容量1.8L1.8L
コーヒー濃度つまみ調整つまみ調整
抽出量調節3種設定可能1種デフォルト1種設定可能
カス受け容量最大20杯分最大20杯分
節電機能
消費電力1450W1450W
自動電源オフ時間設定
外形寸法(㎜)幅238×奥行430×高さ350幅238×奥行430×高さ350

初期設定で十分であまり設定登録する予定がない方はECAⅯ22112▽

カラーバリエーションはブラックとホワイトです。

3人以上で好みの味を分けて淹れたい、カプチーノやカフェラテのミルクも本格的に入れたい方はECAⅯ23120▽

カラーバリエーションはブラックとホワイトです。

ECAⅯ22112とECAⅯ23120の違いを比較まとめ

結論から言うと、ECAⅯ22112とECAⅯ23120の主な違いは3点でした。

  • 抽出ボタンの数
  • 抽出量の調整可能数
  • スチームノズルフロス調整機能の有無

ECAⅯ22112がおすすめな方は、初期設定のままのコーヒーの味で十分であり、あまり抽出設定の登録をする予定がない方

ECAⅯ23120がおすすめなのは、好みの味や量にこだわりがあり、カフェ・ルンゴも楽しみたいという方、3人以上分の設定登録したい方

電気代はECAⅯ22112とECAⅯ23120のどちらも同じ

2機種には「カフェ・ジャポーネ機能」「低速回転コーン式グラインダー機能」「簡単操作・簡単クリーニング機能」がついている

ECAⅯ22112とECAⅯ23120は非常に似た機種ですので迷われている方も多かったのではないでしょうか?

どちらもほとんど同じ価格で購入できるので、コーヒーの味への「こだわり」が決め手になります。

設定の調整を難しく感じる人もいるかもしれませんが、せっかく様々な調整ができるコーヒーマシンですので試してみる価値はあると思います!

マシンの機能を最大限に活用して、自分にぴったりのコーヒーカスタムを楽しみましょう♪

初期設定で十分であまり設定登録する予定がない方はECAⅯ22112▽

カラーバリエーションはブラックとホワイトです。

3人以上で好みの味を分けて淹れたい、カプチーノやカフェラテのミルクも本格的に入れたい方はECAⅯ23120▽

カラーバリエーションはブラックとホワイトです。

コメント