MC-SB33JとMC-SB53Kの違いを比較!どっちがおすすめ?パナソニックパワーコードレス

掃除機&ロボット掃除機

MC-SB33JとMC-SB53Kはどちらも2022年11月発売でMC-SB53Kが「からまないブラシ」を採用した上位モデルです。

結論から言うと、MC-SB33JとMC-SB53Kを比較すると大きな違いは4点でした。

  • からまないブラシ
  • クリーンセンサー 
  • 本体のサイズ・重量
  • ふとん清潔ノズル

軽量、コンパクトを重視したい方はMC-SB33J▽

MC-SB33Jの詳しい口コミや吸引力についてはこちらの記事をチェックしてください。

ペットを飼っている方や布団も掃除機をかけたい方はMC-SB53K▽

本記事では、MC-SB33JとMC-SB53Kの違いを比較し、機能や特長もわかりやすく紹介していきます。

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

MC-SB33JとMC-SB53Kの違いを比較

MC-SB33JとMC-SB53Kを比較すると大きな違いは4点でした。

  • からまないブラシ
  • クリーンセンサー
  • 本体のサイズ・重量
  • ふとん清潔ノズル

からまないブラシ※MC-SB53Kのみ


MC-SB53Kのみ「からまないブラシ」を採用。

従来のブラシと違い、毛が密集した、円すい形のブラシで奥の方まで毛がからみにくい構造になっています。

髪の毛やペットの毛がからみにくいから、今まで大変だったブラシのお手入れがラクです。

クリーンセンサー※MC-SB53Kのみ

MC-SB53Kのみ「クリーンセンサー」を搭載しています。

目に見えない微小なゴミ、ホコリやハウスダストまでセンサーが検知して吸引する機能です。お掃除しながら、ゴミを発見すると手元のセンサーがチェック、ゴミが無くなるとキレイになった実感があり、うれしくなります。

本体のサイズ・重量


MC-SB33J:幅×奥行×高さ220×168×1093mm重量1.3kg

MC-SB53K:幅×奥行×高さ213×178×1102mm重量1.5kg

2機種ともコードレススティッククリーナーの中では軽量、コンパクトで使いやすいモデルです。

ふとん清潔ノズル※MC-SB53Kのみ


MC-SB53Kのみ「ふとん清潔ノズル」が付属しています。

スティッククリーナーとして使用だけでなく、ふとんのお掃除もできて便利です。

軽量、コンパクトを重視したい方はMC-SB33J▽

MC-SB33Jの詳しい口コミや吸引力についてはこちらの記事をチェックしてください。

ペットを飼っている方や布団も掃除機をかけたい方はMC-SB53K▽

MC-SB33JとMC-SB53Kどっちがおすすめ?

どっちがおすすめ?

MC-SB33Jがオススメの方


  • 軽量、コンパクトを重視したい方
  • いつでも手軽に使いたい方

本体の重さは1.3kgとコードレススティッククリーナーの中では最軽量クラスです。

お掃除をストレスなく快適に、そんな要望にお応えする掃除機です。

掃除機本体を壁に立てかけて充電するタイプです。コンパクトなモデルだからお部屋の広さに関係なく、狭い場所でもカンタンに設置できて、使いたい時にすぐ使える便利さがあります。

MC-SB53Kがオススメの方


  • ペットを飼っている方
  • 小さなお子さんがいる家庭

ブラシは「からまないブラシ」を採用。ペットを飼っていると、部屋の中に毛が落ちやすいですが、MC-SB53Kなら毛を吸い込んでも絡みにくいのでお掃除後のヘッドのお手入れもラクです。

小さなお子さんがいる家庭では お掃除をした後でも床の表面にまだゴミが残っているのではないかと、心配になるものです。

MC-SB53Kなら安心!「クリーンセンサー」を搭載しているので、微小なゴミや目に見えないハウスダストも本体のセンサーが反応して、ゴミを見つけてしっかり吸引します。

MC-SB33JとMC-SB53K機能と特長

MC-SB33JとMC-SB53K機能と特長を紹介します。

手元が軽くて、ノズルもスムーズに動く


手元のハンドルの角度や形、本体の重心バランスが、腕に負担がなく、快適に操作できます。またノズルが前後、左右にスムーズに動かせるように工夫されていてスイスイお掃除できます。

パワーノズルでしっかりお掃除

2機種ともヘッドが自然と前進する「自走式パワーブラシ」を採用。

さらに毛先の違うブラシがフローリングやじゅうたんなどお掃除する場所に合わせて、しっかりゴミを除去します。

床との接触点数が多い「Y字毛」ブラシがフローリングのゴミをしっかり除去、硬い毛がじゅうたんの奥のゴミをかき出して吸引するパワーノズルです。

壁際のお掃除でも取り逃しがなく、しっかり除去します。

ゴミ捨てがラクでお手入れもカンタン

ゴミ捨てはダストボックスを本体から取り外して、カンタンにできます。しかも手を汚さないで捨てることができます。

ダストボックス、フィルターの汚れが気になったら水洗いして、乾燥して使えるから清潔です。

ノズルの回転ブラシも取り外して、付着するゴミを除去、汚れが気になるときは水洗いも可能です。

軽量、コンパクトを重視したい方はMC-SB33J▽

MC-SB33Jの詳しい口コミや吸引力についてはこちらの記事をチェックしてください。

ペットを飼っている方や布団も掃除機をかけたい方はMC-SB53K▽

MC-SB33JとMC-SB53Kスペック比較

                          

MC-SB33JMC-SB53K
運転モードHIGH約5分、ON約15分HIGH約5分、AUTO約15分
運転音69~約63dB(デシベル)69~約63dB(デシベル)
充電時間約3.5時間約3.5時間
集じん容積0.15L0.15L
外形寸法(mm)幅220×奥行168×高さ1093幅273×奥行178×高さ1102
質量(kg)1.31.5

軽量、コンパクトを重視したい方はMC-SB33J▽

MC-SB33Jの詳しい口コミや吸引力についてはこちらの記事をチェックしてください。

ペットを飼っている方や布団も掃除機をかけたい方はMC-SB53K▽

MC-SB33JとMC-SB53Kまとめ

パナソニックパワーコードレスのMC-SB33JとMC-SB53Kの2つの違いを徹底比較した結果、大きな違いは

•違い①からまないブラシ

•違い②クリーンセンサー

•違い③本体のサイズ・重量

•違い④ふとん清潔ノズル

以上の4点でした。

今回の2機種はコードレススティッククリーナーの中では軽量、コンパクトモデルで、手元の操作が軽く、ノズルもスムーズな動きをするので、お掃除が快適にストレスなくできること間違いなしです。

どっちがおすすめ?といわれると

軽量、コンパクトを重視したい方はMC-SB33J

ペットを飼っている、または小さいお子さんがいる方にオススメなのはMC-SB53K

以上の機能・特長、そして違いを理解したうえで、購入を検討する際、参考にしてみてください!

軽量、コンパクトを重視したい方はMC-SB33J▽

MC-SB33Jの詳しい口コミや吸引力についてはこちらの記事をチェックしてください。

ペットを飼っている方や布団も掃除機をかけたい方はMC-SB53K▽

コメント