DTY-B1とDTY-B2の違いを徹底比較!ドウシシャかき氷

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク

人気があるドウシシャの電動かき氷器ですが、DTY-B1とDTY-B2どちらを購入しようか迷っていませんか?

DTY-B1とDTY-B2の違いを詳しく知りたい!

DTY-B1とDTY-B2私にはどちらがあっているの?

DTY-B1とDTY-B2がどんな商品か知りたい

今回はこのような疑問にお答えして、2つの製品を口コミや商品情報をもとに徹底的に調べました。

この記事を読むと、DTY-B1とDTY-B2どちらを買おうか悩んでいる人も、自分にどちらが合っているのかわかります。それでは見ていきましょう。

\2021年モデル「‎DTY-B1」はこちら/

\2022年モデル「‎DTY-B2」はこちら/

スポンサーリンク

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

‎DTY-B1とDTY-B2の違いを徹低比較!

‎DTY-B1とDTY-B2の違いは大きく4つです。ひとつずつ解説していきます。

製造年

DTY-B1とDTY-B2は製造年が違います。

DTY-B1は2021年

DTY-B2は2022に発売された新しいモデルです。

氷の削り具合の調節ダイヤルの位置

ドウシシャの新しいモデルのDTY-B2は氷の削り具合を調節するダイヤルの位置が変更されました。

DTY-B1は本体の斜め下にダイヤルがついていますが、DTY-B2は本体の横にダイヤルがついているので、より細かい調節が可能になりました。

付属の製氷カップ

購入時に付属の製氷カップがDTY-B1とDTY-B2で異なります。

  • DTY-B1 Mサイズ1個、ハーフサイズ4個
  • DTY-B2 Mサイズ2個

製氷カップMサイズは、かき氷を一杯分の大きさです。Mサイズが2個あれば十分かき氷作りを楽しむことができます。

一度に少しずつ違う味のかき氷作りをしたい方にはハーフサイズの製氷カップが適しています。

値段

DTY-B1とTY-B2の値段を大手ECサイトの楽天、Amazon、yahooショッピングで比べました。新しいモデルのDTY-B2の方が¥ 1,000前後高価でした。

楽天Amazonyahoo
‎DTY-B1¥5, 505¥5,478¥5,895
DTY-B2¥6,579¥6,578¥6,646
(令和4年4月21日現在)

\2021年モデル「‎DTY-B1」はこちら/

\2022年モデル「‎DTY-B2」はこちら/

‎DTY-B1とDTY-B2はどっちがおすすめ?

‎DTY-B1がおすすめの人

・いいものを少しでも安く購入したい

・いろいろな種類のかき氷を作りたい

・型落ちのものでも気にならない

‎DTY-B1はハーフサイズの製氷カップが付属されているので、いろいろな味のかき氷を一度に作ることができます。フワフワかき氷機を少しでも安く購入したい方は、‎DTY-B1がおすすめです。

\2021年モデル「‎DTY-B1」はこちら/

DTY-B2がおすすめの人

・電化製品は少し高くても最新のものがいい

・1種類のシンプルなかき氷を作る予定

・氷の削り具合にこだわりたい

上記のような方には最新モデルのDTY-B2がおすすめですよ。

\2021年モデル「‎DTY-B1」はこちら/

‎DTY-B1とDTY-B2の機能や特徴

ドウシシャのかき氷機は、自宅でフワフワとろとろのかき氷が作れるワンランク上のかき氷機です。DTY-B1とDTY-B2の機能と特徴について5つにまとめました。

冷凍フルーツ、冷凍プリンをそのまま削れる

冷凍したフルーツやプリンを削ることができるので、普段とは違った新食感のかき氷を楽しむことができます。

冷凍フルーツなどを使ったレシピ集付き

応用編のかき氷レシピ集がついてくるので、おうちで手作りかき氷をとことん楽しむことができます。

氷の削り具合が調節できる

氷の削り具合を調節するダイヤルがついているので、自分の好きな氷のあらさに調節することできます。

分解しやすい本体

細かく部品ごとに分解することが可能です。手洗いしやすく、使ったあとのお手入れが簡単です。

蓋付きの製氷カップが付属されている

かき氷1杯分の大きさの製氷カップは蓋付きなので、冷凍庫の中で邪魔になりません。

DTY-B1とDTY-B2の口コミ

DTY-B1とDTY-B2の良い口コミと悪い口コミを紹介します。高評価の口コミが多く、DTY-B1とDTY-B2どちらを購入しても満足度の高い商品という印象を受けました。

良い口コミ

「氷がスイスイ削れます。削られた氷は、雪を食べた感じに近いです。口の中でスッと溶けます。」

「本当にふわとろで美味しいです!家でこんなに美味しいかき氷が作れるなんて嬉しいです。」

「簡単な材料で作れるレシピが多く載っているので、とても楽しい」

「ジャリジャリ、ふわふわ、いろんな氷のタイプにできるのが楽しいです。」

「音はあまり気にならず静かな方かと感じました」

氷の削り具合を調節できるので、いろんな食感を楽しんでいる方が多く感じました。付属品のレシピ集も参考になったという意見も多かったです。

悪い口コミ

「甘いもので製氷すると飛び散った所がねちゃねちゃします。」

「削れるまでこつをつかむのがとても大変でした。なんとかやっとかき氷になりましたが、ボタンを押し続けるのもしんどいしもっと押しやすいボタンにして欲しかった」

「細かいレバーで削っても全然細かくならなかった。氷の食感は感動はなく普通って感じでした。」

数少ない低評価の口コミですが、思ったよりふわふわではなかった。という意見が多く見られました。

DTY-B1とDTY-B2の違いのまとめ

・DTY-B1とDTY-B2の違いは製造された年、氷の削り具合の調節ダイヤルの位置、付属の製氷カップ、値段の4つ

・型落ちの製品でも気にならない、いろいろな種類のかき氷を作りたい、という人はDTY-B1がおすすめ

・最新の家電が好きで、氷のふわふわ加減にこだわりたい人はDTY-B2がおすすめ

・DTY-B1とDTY-B2は、冷凍フルーツなどを削れる機能が新しいかき氷機である

・口コミも高評価のものが多く、高い満足度を期待できる商品である

おうちで本格的なかき氷を楽しみたい方には、DTY-B1とDTY-B2どちらもとてもおすすめのかき氷機です。ぜひかき氷機を購入する際はドウシシャのかき氷機も見てみてくださいね。

\2021年モデル「‎DTY-B1」はこちら/

\2022年モデル「‎DTY-B2」はこちら/

コメント