KC-J50とKC30-T7の5つの違いを徹底比較!シャープの加湿空気清浄機

楽天
家電

現在販売されているシャープの加湿空気清浄機の中で今売れ筋の商品、KC-J50とKC50-T7の違いを比較しました。

結論からお伝えすると、KC-J50とKC30-T7の違いは5点ありました。

  • 風の量の違い
  • 搭載フィルターの交換時期の違い
  • 加湿する量や入れられる水の容量の違い
  • センサー・モニター・運転モードの違い
  • サイズやデザインの違い

結論

広い部屋でフィルターの交換回数を減らしたい方はKC-J50▽

本記事では、この違いの比較と、共通する機能や特長も詳しく解説していきます。

加湿空気清浄機の購入を考えている方の参考になれば幸いです。

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

楽天季節バナー

KC-J50とKC30-T7の違いを比較

KC-J50とKC30-T7の違いは5点あります。

  • 風の量の違い
  • 搭載フィルターの交換時期の違い
  • 加湿する量や入れられる水の容量の違い
  • センサー・モニター・運転モードの違い
  • サイズやデザインの違い

風の量の違い

1つ目は風の量の違いです。

最大風量が大きいほど、短い時間で空気清浄できます。

空気清浄とは、部屋の中を飛んでいるホコリや花粉を吸い込み、フィルターを通すことを言います。

各型式の最大風量は以下のとおりです。

KC-J50:5.1㎥/分

KC30-T7:3.2㎥/分

こちらを比べると、KC-J50のほうが早く空気清浄できることがわかります。

広いお部屋の空気清浄をしたい場合はKC-J50のほうが向いています。

搭載フィルターの交換時期の違い

2つ目はフィルターの交換時期の違いです。

両型式ともにフィルターは3枚内蔵されていますが、型式によって交換時期が違います。

フィルターの交換時期

KC-J50 10年

KC30-T7 2年

価格はセットで3,000~5,000円ほどするので、フィルター代を考慮すると、長い目で見てKC-J50のほうが安く済みそうです。

加湿する量や入れられる水の容量の違い


3つ目は加湿する量や入れられる水の容量の違いです。

まずは加湿量から見ていきます。

両型式の加湿量は以下のとおりです。

KC-J50:500mL/h

KC30-T7:370mL/h

この加湿量を見ると、KC-J50のほうが加湿できる量が多いことがわかります。

次に水容量です。

水容量の違い

KC-J50:2.5L

KC30-T7:1.8L

容量はKC-J50のほうが多いですが、それぞれフルパワーで使用するとどちらも約5時間で水がなくなります。

センサー・モニター・運転モードの違い


4つ目はセンサー・モニター・運転モードの違いです。

センサーの違い

KC-J50:温度・湿度・ニオイセンサー

KC30-T7:温度・湿度・汚れセンサー

KC-J50はニオイを、KC30-T7は汚れを検知しやすいです。

モニターの違い

KC-J50:湿度を「低・適湿・高」で表示

KC30-T7:温度と湿度を数値で表示

KC30-T7のほうが詳細に表示されるので、温度計・湿度計の代わりになり大変便利です。

運転モードの違い

KC-J50:花粉・おやすみ・パワフル吸じんモード

KC30-T7:花粉・パワー浄化モード

花粉モードは、花粉に対して高い効果を発揮するモードで、パワフル吸じんモードとパワー浄化モードはどちらも大きな力で空気をきれいにするものです。

KC-J50のみついているおやすみモードはモニターの眩しさと風の量を抑えて静かに運転するモードです。

サイズやデザインの違い


5つ目はサイズやデザインの違いです。

サイズの違いは以下のとおりです。

KC-J50:幅399×奥行230×高さ613mm  重さ7.5kg

KC30-T7:幅380×奥行197×高さ570mm 重さ6.8kg

サイズはKC30-T7のほうがやや小さく、重さもやや軽量です。

本体を移動させていろんな部屋で使いたいという方はKC30-T7のほうがおすすめです。

また、デザインも型式によって違います。

KC30-T7はスタイリッシュなデザインであるのに対し、KC-J50は丸みがありかわいらしいデザインです。

どちらもカラーはホワイトとブラックから選べます。

KC-J50とKC30-T7はどちらがおすすめ?

どっちがおすすめ?

KC-J50がおすすめの方


  • 広い部屋で使用したい方
  • フィルターの交換をなるべく少なく済ませたい方

このような方におすすめです。

先ほどの見出しでもお伝えしたとおり、KC-J50はKC30-T7より風の量が多いため、広い部屋に向いています。

また、フィルターの交換時期が10年のため交換の手間も少ないので、頻繁に交換することに抵抗がある方はKC-J50がおすすめです。

KC30-T7がおすすめの方

  • 温度・湿度を詳しく知りたい方
  • 本体を移動させていろんな部屋で使いたい方

このような方におすすめです。

KC30-T7はモニターに温度・湿度が詳細に表示され、重量もやや軽い型式です。

温度計・湿度計としても活用したいという方はKC30-T7のほうをおすすめします。

KC-J50とKC30-T7の機能と特長

こちらでは共通の機能・特長について解説します。

共通の機能・特長は大きく3つあります。

  • プラズマクラスター7000搭載
  • 音が静か
  • お手入れが簡単

プラズマクラスター7000搭載


1つ目はプラズマクラスター7000です。

このプラズマクラスター7000があることで、空気の汚れやニオイを浄化し、静電気を抑えられるので、効率よくホコリやチリを吸い取ることができます。

音が静か

2つ目は音が静かな点です。

どちらの型式も稼働音が抑えられています。

風の量の大きさが3段階に分けられていますが、強運転だと間近で聞くエアコンの室外機の音に、静音運転だと雪の降る音に相当する大きさです。

稼働音を気にすることなく室内で過ごせそうですね!

お手入れが簡単


3つ目はお手入れが簡単な点です。

定期的なお手入れについてはフィルターを手入れするだけです。

フィルターのお手入れも掃除機で吸い取るだけなのでとっても簡単です。

KC-J50とKC30-T7ののスペック

型式KC-J50KC30-T7
サイズ幅399×奥行き230×高さ613mm幅380×奥行き197×高さ570mm
本体重量7.5kg6.8kg
電源コード長さ1.8m1.8m
空気清浄時間8畳/12分8畳/19分
空気清浄適用床面積
(目安)
~23畳~14畳
加湿用給水タンク容量2.5L1.8L
待機時消費電力約0.3W約0.3W

まとめ

本記事では、シャープの加湿空気清浄機を紹介しました。最後にポイントをまとめます。

  1. 違いは5点。風量や加湿量、本体のデザインなどの違いがある。
  2. 広い部屋に空気清浄機を置きたい場合はKC-J50、いろんな部屋に移動させながら使用したい場合はKC30-T7がおすすめ。
  3. どちらの型式も、プラズマクラスター7000搭載でクリーンな空気に清浄でき、お手入れも簡単。

これからの時期、ウイルスによって体調を崩しやすくなります。その中で空気清浄機がとても重宝します。

今回紹介した商品をぜひお試しいただき、快適でクリーンな日々を過ごしてください!

コメント