リデポットPCH-20Lの口コミ評判レビュー!炊飯器の代わりになる?電気圧力鍋

楽天
家電

時短かつ、放っておくだけで美味しいおかずが出来てしまう、たいへん便利な調理家電、それが電気圧力鍋です。

最近では、炊飯器や電子レンジと並んで電気圧力鍋を置いている家庭が多くなりました。かくいうわたしもその一人です。

わたしは主におかず作り専用で使っていますが、中にはごはんを頻繁に炊いている、という方もたくさんいますね。

同じような機能を持つ調理家電が2つあれば、どちらか1つだけ選んでスッキリさせたい気持ちも非常に分かります。

しかし、いきなり炊飯器を捨てて電気圧力鍋でごはんを炊くのも不安ですよね?

そこで、今回はおしゃれな見た目で美味しいごはんが炊けると話題の電気圧力鍋「リデポットPCH‐20Lについて、様々な口コミを集めました。

この記事では

  • 「リデポットPCH-20L」を使用してみて分かるメリットデメリット
  • 炊飯器の代わりになるのかどうか
  • 電気代の高さ
  • 機能や特徴

をまとめています。

実際に使用した方の口コミからメリットデメリットが分かるため「リデポットPCH-20L」があなたの生活に合うかどうか想像できるはずです!

購入をお悩みのあなたの参考になれば幸いです♪

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

楽天季節バナー

リデポットPCH‐20Lの口コミ評判レビュー!

リデポットPCH-20Lの口コミをご紹介します。

リデポットPCH-20Lの悪い口コミ

炊飯に関しての感想のなかには、美味しく炊けなくてがっかり…というレビューもちらほら見かけました。

好みの炊きあがりにならない場合は、時間設定などを自分で調整する必要があるそうです。

ですが、「細かい調整は自信がない」「調整に時間をかけたくない」という方は、炊飯器をメインにして使用すると満足いかない炊きあがりになる可能性があります。

逆にいうと、お米の炊き具合にこだわりが強い方は、自分の好きな加減に調整できるので、どこの炊飯器にも負けない、美味しいお米が炊けるのではないでしょうか。


リデポットPCH-20Lのいい口コミ


  • コンパクトで場所と取らない
  • 炊飯器機能がいい
  • デザインがおしゃれ
  • 大きさがちょうどいい

コンパクトで場所も取らず、簡単に調理ができると高評価です。

また、炊飯器機能が高評価で購入したという方も多いようです。

そのため、炊飯機能を愛用している方が他の電気圧力鍋に比べて多いという印象です。

この他にも「デザインがおしゃれ」「大きさがちょうどいい」といったデザインやサイズを絶賛する意見がかなり多かったです。

リデポットPCH-20Lは炊飯器の代わりになる?


リデポットPCH‐20Lの炊飯機能に関しては、大満足の方とそうでない方、どちらもいます。

そのため、炊飯器の代わりになるかどうかは個人差が大きいと考えられます。

しかし、自分好みの設定を見つけた方はかなり美味しいと大絶賛されている方が多いです。

さらに、そういった方は主に炊飯器として使用している方が多いです。

リデポットPCH-20Lは、電気圧力鍋のなかで、最も美味しくお米が炊けると高評価を得ています。

価格としても、少し良い炊飯器を購入するのと同じ程度の価格であり、サイズも炊飯器とあまり変わらないコンパクトです。

食器棚の炊飯器スペースにすっぽり入る、という点はポイントが高いですね!

個人の好みの差によって炊きあがりの好き嫌いは分かれますが、炊飯器の代わりにもなる電気圧力鍋をお探しの方には間違いなくオススメの機種のひとつと言えるでしょう。

リデポットPCH-20Lの電気代

結果から言うとリデポットPCH-20Lの電気代は安いです。

リデポットPCH-20Lの消費電力は600W。

電気代に換算すると1時間あたり約16円となります。

※『全国家庭電気製品公正取引協議会』が電力料金目安として出しているのは1kWhあたり27円。これを以下の計算式に当てはめて計算を行います。

【消費電力(W)÷1,000×電気代単価(円/kWh)=1時間あたりの電気代(円)】

人気のある他の電気圧力鍋と比較してみましょう。

機種名消費電力1時間あたりの電気代
リデポットPCH-20L600W約16円
アイリスオーヤマKPC-MA2800W約22円
シロカ おうちシェフプロ 700W約19円
KOIZUMI マイコン電気圧力鍋700W約19円

上記の機種の内容量は2L〜2.5Lのものでほぼ同じ容量の機種を選んで比較しました。

消費電力が少ないマイコンタイプの電気圧力鍋でも消費電力700Wですので、リデポットPCH-20Lがどれほどコスパが良いか分かりますね。

消費電力600WのリデポットPCH-20Lは電気圧力鍋のなかでも特に電気代が安いため、電気代が気になる方には特にオススメです!

リデポットPCH-20Lの機能と特徴

ここではリデポットPCH-20Lの便利な機能と特徴を紹介します。

調理モード


搭載されている便利な調理モードを紹介します。

圧力調理


    水蒸気を上げて圧力をあげることで、短時間で高温調理ができます。

    この圧力調理なら骨までほろほろのお魚が自宅で食べられます!

    圧力調理モードにはさらに2種類のモードがあります。

    下記に詳細をまとめました。

    オートモード・8種類の時間設定がされた自動調理モード・オートモードで作れる73種類のレシピ付き・レシピ通りに材料を入れて設定するだけで美味しい料 理がつくれる
    マニュアルモード・加圧時間を手動設定・加圧時間は1分~最大1時間・自分好みの加圧時間を設定して好きな料理をつくれる

    スロー(低温)


    加圧せずに一定温度でじっくり調理を行うモードです。

    設定時間は5分〜12時間、設定温度は40℃〜100℃から選択できます。

    温度を一定にしてじっくり煮込む料理は普通につくると目が離せなくて大変ですが、こちらのモードを使えば全て任せきりで完成します。

    有名な低温調理用レシピはロールキャベツですが、びっくりすることにスロー調理モードを使えば豆腐もつくれます。

    ぜひ自家製豆腐づくりを楽しみましょう♪

    温め

      こちらは、つくったおかずの温めなおし機能です。

      このリデポットPCH-20Lは保温時間が1時間となっており、その後は自動で切れてしまいます。

      電気代節約のためには良い機能ですが、気づけばおかずが冷めてた!ということが起きてしまうため、わりと使用頻度の高い機能だと考えられます。

      ただし、この機能はカレーやスープなど汁気があるもののみを推奨していますので、ごはんの温めなおしは恐らくできないかと思われます。そこは少し難点ですね。

      予約タイマー機能


      材料を中に入れて、時間を設定すると調理予約が出来るモードになります。

      この機能を使えば、空いている時間に事前に準備をしておけるので忙しい時間帯も家事が楽になりますし、食べたいタイミングで料理が出来上がってくれます。

      設定できる時間は1〜12時間となっています。

      また、予約できるのはオートモードと炊飯のマニュアルモードのみです。

      リデポットPCH-20L口コミまとめ

      リデポットPCH-20Lの口コミについて紹介しました。

      • 簡単に早く料理ができる、炊いたお米がおいしい、おしゃれなデザインでコンパクト、などの良い口コミが多い。
      • デメリットは部品が繊細でこわれやすい、好みによっては炊きあがりが美味しくないと感じる方もいたという点。
      • 好みの炊きあがり方に調整できれば十分炊飯器の代わりになる。
      • 他の電気圧力鍋と比べて電気代が安い
      • 便利な調理モードが3種類と予約タイマー機能がついている。

      リデポットPCH-20Lは電気圧力鍋の機能も炊飯の機能も満足度が高いものになっています。

      そもそも電気圧力鍋があると、料理に対するハードルが劇的に下がります。

      初めての電気圧力鍋としても手を出しやすい価格ですので、ぜひこの機会に購入してみてはいかがでしょうか?

      うまく使いこなせば、おいしいごはんと料理が楽につくれる生活が待っています!

      ちなみに購入した際についてくるレシピブックのボリュームもすごいのですが、リデポットの公式YouTube でもレシピが公開されています。

      Re・De Official
      くらしをRe・Designするライフスタイルブランド「Re・De(リデ)」。 現在、電気圧力鍋 「Re・De Pot(リデ ポット)」や電気ケトル「Re・De Kettle(リデ ケトル)」が発売中です。 くらしに寄り添うモノのあり方を捉え直すことで、これまでよりも心地よい時を生み出していく、そんなモノづくりを目指して...

      動画だとより分かりやすいですし、かなり簡単なことが分かります(^^)♪

      おいしいごはんも炊ける便利なリデポットPCH-20Lをぜひ手に入れてみてください!

      コメント