KI-PS40とKI-NS40の2つの違いを徹底比較!シャープ加湿空気清浄機

楽天
家電

現在販売されているシャープ加湿空気清浄機の中で今売れ筋の商品、KI-PS40とKI-NS40の違いを比較しました。

結論からお伝えすると、KI-PS40とKI-NS40の違いは価格の違いのみでした。

価格を抑えて準備したい場合はKI-NS40▽

新しい型式が良い場合はKI-PS40▽

本記事では、価格の違いと、共通する機能や特長について詳しくお伝えしていきます。

加湿空気清浄機の購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

楽天季節バナー

KI-PS40とKI-NS40の違いを比較

KI-PS40とKI-NS40の違いは価格のみです。

両型式の価格設定は以下のとおりです。

KI-PS40:19,000円台~25,000円台

KI-NS40:17,000円台~21,000円台

KI-NS40のほうが2,000円~4,000円ほど価格が抑えられています。

これはKI-NS40が型落ち品のため、安く設定されています。

KI-NS40は2020年9月に発売され、その1年後にKI-PS40が発売されています。

リアルタイムの価格については下記をご確認ください。

KI-PS40とKI-NS40はどちらがおすすめ?

KI-PS40とKI-NS40は価格の違いのみで、性能と本体の色は一緒です。

そのため、選ぶ際は価格もしくは新型か型落ち品かで選ぶと良いでしょう。

価格を抑えて準備したい場合はKI-NS40、新しい型式が良い場合はKI-PS40を選びましょう。

KI-PS40とKI-NS40の機能と特長

こちらでは、各型式の共通の機能・特長について解説します。

共通の機能・特長は大きく5つあります。

  • プラズマクラスター25000搭載
  • スピード循環気流
  • パワフル吸じん
  • スリムなボディ
  • お手入れが簡単

プラズマクラスター25000搭載


1つ目はプラズマクラスター25000を搭載している点です。

プラズマクラスター25000とは、シャープ独自の空気浄化技術です。

プラズマクラスター25000による効果は以下のとおりです。

  • 空気の汚れを浄化
  • ニオイを元から分解
  • 静電気を抑える

空気中にある汚れは、ダニの死骸やチリホコリ、ペットの毛やフケ、黄砂などがあります。

また、ニオイの元はタバコ臭やペット臭、カビ臭などが挙げられます。

これらの汚れやニオイの元を浄化して、キレイで快適な空間に変えることができます。

スピード循環気流


2つ目はスピード循環気流です。

この機能があることで、お部屋全体に空気を浄化する風を素早く行き渡らせることができます。

また、プラズマクラスターイオンの力で静電気も除去し、効率よく吸じんしてくれます。

パワフル吸じん


3つ目はパワフル吸じんです。

この機能は花粉やPM2.5が多い季節に便利な機能です。

最初の10分間でプラズマクラスターを集中的に放出して、細かな汚れが壁に付着するのを防ぎ、その後の50分間で強めの風量で吸じんしていく機能です。

スリムなボディ


4つ目はスリムなボディであることです。

本体の幅は280mm、奥行きが260mmと、とてもスリムな形状をしています。

そのため、置き場所を選ばないため寝室や子ども部屋などにも置きやすいサイズです。

お手入れが簡単


5つ目はお手入れが簡単な点です。

日々のお手入れは、後ろのパネルに取り付ける、本体外側のプレフィルターについたホコリを掃除機で吸い取るだけです。

プレフィルターは別売りですが、取り付けることで内蔵フィルターが汚れるスピードを遅くすることができます。

フィルターの交換も簡単におこなえます。

KI-PS40とKI-NS40のスペック

型式KI-PS40KI-NS40
サイズ幅280×奥行260×高さ622mm幅280×奥行260×高さ622mm
質量約6.7kg約6.7kg
電源コードの長さ約1.8m約1.8m
給水トレー容量約2.0L約2.0L
浄化方式プラズマクラスター25000
空中浄化&フィルター浄化
プラズマクラスター25000
空中浄化&フィルター浄化
加湿方式気化式気化式
加湿量最大420mL/h最大420mL/h
待機時消費電力約0.3W約0.3W

価格を抑えて準備したい場合はKI-NS40▽

新しい型式が良い場合はKI-PS40▽

KI-PS40とKI-NS40の違いまとめ

本記事では、シャープ加湿空気清浄機を紹介しました。最後にポイントをまとめます。

  1. 違いは値段のみ。新型か型落ち品かの違いで機能や特長はどちらも同じ仕様。
  2. 価格を抑えて加湿空気清浄機を準備したい方はKI-NS40、新型の型式にこだわりたい方はKI-PS40がおすすめ。
  3. 共通する機能・特長は5点。空気を効率よく浄化する機能が満載。

今回紹介した2つの加湿空気清浄機は、室内の空気を浄化する機能が多彩でありお手入れも簡単な型式です。

これから乾燥や風邪ウイルスなどが心配になる季節なので、加湿空気清浄機が役立ちます。

快適な空気で過ごすことができますので、ぜひ試してみてください!

コメント